「物語医学」患者の生死を分けた「話を聞く力」
d0085752_195587.jpg

    お立ち寄りいただきありがとうございます♪

    今回のタイトルは、よーく見ると「医学物語」ではありません。
    なんだかちょっとまぎらわしいですよね^^; でも、オススメです♪

    そうそう、お忙しい方のために...最初にご用意しておきました(笑)
    ではまずポチッと気分良く行ってきましょうか♪ Thank you ♪ それでは、
 
    この頃来客のない時に、自分の体験を振り返りいろいろと考えていたことが、
    この本を読んでちょっとすっきりした感じです^^ 見~つけたっ!という感じ。
    2年前に出版されたものですが、今こうして読み終えてみると、日本にはまだ
    (もう?)根付いていない(重要だと思われていない?)のかしら?と思ったり。
    もっと早くに力を注いでくださっていたなら"崩壊"や”クレーマー”などという
    物騒な言葉を使わずに済んだのかもしれないわねぇ...と思い悩むのは、
    お世話になってばかりの病院脇にcafeを開いているownerだけでしょうか?
    あっ... 医療に従事されている方、決して責めるものではないのでご了承くださいませね^^

                       

   - A Whole New Mind: Why Right-Brainers Will Rule the Future -

    ●治療に大きな成果を上げている「物語医学」 P186~
     診察室で待っていると医師が入ってくる。そして、必ずと言っていいほど、
     次のような展開になる。あなた(患者)が症状の経緯を話し始めると、
     それを医師がさえぎるのである。
     20年前、ある研究グループが、診察室での医師と患者のやり取りを
     ビデオに収録し、調査を行ったのだが、医師は患者が話し始めてから
     平均して21秒後に患者の言葉をさえぎっていることがわかった。
     近年、別の研究グループが行った同様の調査結果をみると、少し状況は
     改善されている。医師たちは患者の話を邪魔するまで23秒待つようだ。
                  ( 中 略 )

     科学的に優れた医学だけでは、患者が病気と闘ったり、
     苦しみの中に意義を見出したりする手助けをすることはできない。
     科学的な能力とともに、患者の話を聞いてその意味を把握して尊重し、
     その上で患者の身になって行動する能力が医師には必要なのです。

     現在、コロンビア大学では、すべての医学部二回生が、
     医学の中核をなす科学の授業に加えて、物語医学の
     授業を受けることになっている。その中で学生たちは、
     患者の語る物語をより親身になって聞き、それを鋭敏に
     「読み取る」ことを学ぶ。こうして巣立った若い医師たちは、
     型にはまった一連の質問を並べて診断するのではなく、
     より広い視野に立って患者の状況を探ることができる。
     「どこが痛みますか?」と尋ねるのではなく、
     「あなたの人生について話してください」と語りかける。

     良い医師になるには、物語の能力が必要であり、それは
     「人が物語から、吸収し、解釈し、それに答える能力なのだ」となる。
      これ、解ります。映画やドラマ、雑誌などから哲学を学ぶことがありますもの♪ by owner
 
     物語医学は、長年「左脳思考」が中心だった世界に
     右脳的アプローチを取り入れようとする大きな流れである。

     もちろん、物語の能力は、専門技術にとて代われるものではない。
     患者の物語を親身になって聞くことができても、血圧を測り忘れたり、
     間違った薬を処方したりするようでは、医師として失格である。

     物語だけで病気を治すことはできない。だが、物語が現代の
     テクノロジーと結びついたとき、素晴らしい癒しのパワーを
     発揮することができるのだ。
   
     的確に考えることができ、共感することもできる医師、
     検査結果の分析と物語の理解ができる医師、すなわち
     新しい全体思想を備えた医師。これからの医学界では、
     このような医師が増えるのかもしれない。

                  本文- 「議論」よりは「物語」 -より

  ●患者の生死を分けた担当医の「話を聞く力」 P255~
     医療では「共感」は強い力になる。
     たとえば数年前、二人の郵便局員が似たような症状を訴えて、
     別々の医療機関に行った。

     一人は医師に、痛みがあって気分が悪い、たぶん炭疽菌に
     感染したのだと思う、と話した。彼が働く郵便局で炭疽菌が
     発見されていたのだ。その医師は管轄の保健衛生局に連絡したが、
     炭疽菌は危険なものではないので抗生物質を処方する必要はない
     と教えられた。そして、規則に従い、「家に帰ってタイレノール
     (鎮痛解熱薬)を飲んで休むように」と患者に指示した。数日後、
     その患者は炭疽で死亡した。

     一方、もう一人の郵便局員は、六キロ離れた別の病院の救命救急室
     に駆け込んだ。医師--彼女は前述の患者のことはしらない--は、
     この郵便局員を診察し、肺炎ではないかと疑った。しかし、患者が
     炭疽菌攻撃を受けた郵便で働いていると告げたので、医師は別の検査を
     することにした。患者が炭疽菌に感染していたとは思ってはいなかったが、
     何かがひっかかっていたのだ。そこで念のため、シブロキサンという
     炭疽菌用の抗生物質を処方した。そして、患者を家に帰す代わりに
     入院処置をとり、伝染病専門医に見てもらった。その結果、男性が
     炭疽菌に感染していることがわかったのである。

     結果として、医師が親身に患者の話を聞き、直感を信じ、規則から外れる
     のをいとわなかったことが、患者の生死を分けたのだ。
     『ウォルストリートジャーナル』紙のインタビューに、この医師は、
     「私は患者さんの話に耳を傾けただけです」と答えている。
     「患者さんは『自分の体のことはよくわかっているけど、何かが変だ』と
     言っていました」

     医療行為に対するこの新しい考え方が支持を得るに従い、
     「共感」は医療従事職員にとって必要な中心的資質となってきている。
     先ほどの緊急救命医のように、規則に従った診断だけはなく
     感情面に根ざした共感とを合わせて新しい全体医療を実践できる
     新世代の医師たちが、これからは医療界を担っていくことになるだろう。
     
      現在、医学部の認可を管轄している委員会では、
     「患者と共感しながら効率的にコミニュケーションできる能力」を
     実習中の医師の全体的評価ポイントの一つにしている。常識的な
     動きだと思われるかもしれないし、事実そうなのだが、極めて左脳よりの
     職業である医療従事者にとっては、それは大きな転換なのである。
      たぶんこのようなことで、訴訟などもぐっと減るのかもしれません。 by owner

                 本文- 「論理」ではなく「共感」 -より

     この「物語医学」が
      NBM・・・Narrative Based Medicine 
     と言われるもので、それに対しよく目にする(聞く)、
      EBM・・・Evidence Based Medicine
     は目に見える証拠に基づく医療のこと。
     
     
            - ハイ・コンセプト「新しいこと」を考え出す人の時代 - 
                   Daniel H. Pink
              


  ●第1部「ハイ・コンセプト(新しいことを考え出す人)」の時代
    1.なぜ、「右脳タイプ」が成功を約束されるのか
    2.これからのビジネスマンを脅かす「3つの危機」
       第一の危機・・・「過剰な豊かさ」がもたらす新しい価値観
       第二の危機・・・次から次へと湧き出す「競争相手」
       第三の危機・・・そんな脳では、すべて「代行」されてしまう!
       この「ジリ貧パターン」からは、医者や弁護士でさえ抜け出せない
    3.右脳が主役の「ハイ・コンセプト/ハイ・タッチ」時代へ
  ●第2部 「六つの感性」があなたの道をひらく    
    1.「機能」だけでなくデザイン
    2.「議論」よりは「物語」
    3.「個別」よりも「全体の調和(シンフォニー」
    4.「論理」ではなく「共感」
    5.「まじめ」だけでなく「遊び心」
    6.「モノ」より「生きがい」   

関連書籍
     アメリカや日本は案外感染症に弱い...というようなことが書かれていました。
     また、日本での抗菌薬・抗生物質などその過剰使用についても注意しています。
               
               ■ バイオテロと医師たち (集英社新書)

               ■ 感染症外来の事件簿 岩田健太郎


   cafe owner オススメの映画
           KINKY BOOTS 2005年 アメリカ/イギリス 1時間47分
             公式HP: http://www.movies.co.jp/kinkyboots/

               偏見を捨ててちょうだい!
               倒産寸前の靴工場が、一発逆転の再起を狙う、
               実話に基づいた感動のハートフル・コメディ
               女性(?)役の俳優さんの仕草が、まぁ~色っぽいこと...
               見習わなくては(大汗) 

          
  
               シネマ トゥディ 映画 『キンキーブーツ』 より


                  世界の片隅でお役に立つ情報探しながら

                     ここからもポチッと応援できます♪
                    
                       
                   
                      人気ブログランキングへ行きます♪
                      ちょっとはお役に立ちましたでしょうか?063.gif ↑ポチッ♪



                  何かを変えてみる? CHANGE the Future      04:43
             
[PR]
by madame_oco | 2008-06-30 23:22 | ◇ ちょっと医療のこと
<< 明日の絆「Tomorrow」を... 素敵なグーグルオフィス >>


世界の片隅に小さな小さなcafeをオープン♪ 心も体も元気でいれるようにコーヒーを飲みながら...ひと息つきましょ.。.:*・゚☆
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ファン
ブログパーツ
ライフログ
以前の記事
カテゴリ
    
復興アクション 被災地のために日本のためにMadameからみなさんへのメッセージです♪ 
 ★約1年ぶりのUPです★
 お久しぶりでございました。
 小正月を迎えた今夜(16日)、
 背景をく桜に変えてみました。
 少しは気分転換なれば良い
 のですが...って、コレは
 自分のためでした(ココロニ汗)。
 こころがちょっと萎えちゃう時
 いつもより少し多めに睡眠を
 とると良いかもしれませんね。
 それではどなたさまも今宵は
 ぐっすりとおやすみください☆彡 

 今年もよろしくお願いいたします^^   
 17 January  2009 00:20


 
  ★おはようございまーす★
 久々にこちらへメッセージを^^
 ウフッ春らしくなってきましたネ♪
 でもそのかわりに毎年恒例の
 クシャミとの戦いも始まります。 
 色とりどりの綺麗な景色なのに、
 なみだ目になっちゃうので、楽し
 んでいる余裕もない感じで...
 でもそんな時には少しでも心に
 エネルギー補給Power Charge
 をしなくてはいけませんね。そこで
 このブログのテーマ曲を決定♪
 一昨年はQUEENの
 ★"I WAS BORN TO LOVE YOU"
 昨年はTommy Emmanuelの
 ★"SINCE WE MET"でした。
 そして今年は先日記事で紹介した
 ★"TAKE MY HAND"
 ・・・SIMPLE PLANのRock調で
 激しく(笑)いきたいと思います♪
 記事を読む前に、まずはカチッっと
 ONにして記事を読むとGooo♪
    
 それではみなさん、今日も心に
 しっかりパワー・チャージをネ♪
  11 March 2008 9:15
 思えば去年もだったのですが、
 たぶん風邪ではなく喉の乾燥で
 2・3日前から咳込みがひどくなり
 お腹の筋肉がちょっと痛みます。
 普段から腹筋を使っていないのが
 バレバレですね^^;去年も病院
 へ行かずに治るのを待ちました。
 大変と言えばちょっと大変ですが、
 たまには自然治癒力を使ってあげ
 ないと、なんだか体に申し訳ない
 ような感じがする今日この頃(笑) 
 週末明けには治ると思います♪

 それではどなた様も素敵な週末を
 お過ごしくださいませね♪♪♪
  2 February 2008 00:03

  大寒を迎えてから益々寒さが
 厳しくなってますね。風邪など
 ひかれていませんでしょうか?
 コメントをいただいたままで、
 ◆お返事がまだのみなさんへ◆
 もうちょっと待っててくださいね。
 ゆっくりお話ししたいものですか
 ら、お時間ください♪ ・ ・ ・ ・
 この頃、大好きだった伯父さん
 のお見舞いに行ってきたその夜、
 他界しました。明日がお別れの
 日なものですから...ちょっと
 落ち着きましたらきっとです^^
 
 それと、今宵あたり別ブログで
 7万アクセスになるようです♪
 さて7万を踏むのはいったい?
 キャー!!あと一人ですぅぅ!
 25 January  2008 23:58

 と、見に行っったのは良かった
 のですが、日付が変わり自分
 で踏んでしまいました..トホッ
 ぃゃ~ん、なんてことでしょ^^;
 ということで、今夜は静かに退
 散致します。おやすみなさぃ       
 26 January  2008 00:10


 小寒を迎えてから寒さ続きの
 毎日ですが、いかがお過ごしで
 しょうか?この時期、触れるもの
 がヒンヤリしていると、何故か心
 まで寒くなってしまいますよね。
 それでなのか、この時期になると
 冬眠状態になってしまうのです。
 ゴメンナサイ^^;。だから、せめて
 温かいコーヒーでもお出しできた
 ら良いのですがね...。スミマセン
 まずは心温めるチキンスプを探
 しに行ってきまーす。それでは、

 今年もよろしくお願いいたします^^     
 18 January  2008 14:10


        いつも支えてくださり、ありがとうございます^
   いかがお過ごしでしょうか。。。
 明日からパリイに飛びます♪

 というのはウソです。お江戸で
 お仕事&お遊びです・・・(笑)
 お泊りは先日(記事)と同じ所。
 本当は丸の内あたりにお泊り
 したかったのですが混み混み
 とのこと。残念です。せめて
 ランチは食べてみたかったわ。 
  
 明朝早いので・・・お先に失礼ぃ♪ 
 14 November 2007 23:58


        いつも支えてくださり、ありがとうございます^

with Coffee営業中♪RSSへ

 ご来店、ありがとうございます^^
 いつも陰ながら支えて下さってる
 Madameの大切な皆さんへ・・・
 夢見る事を忘れないでくださいネ。
 一人の夢が、多くの人の人生を変
 えた事を思い出してみてください。
 夢の持つ力を信じてみましょー♪

   では、素敵な週末を^^ 

   21 July 2007 00:30

      過去のメッセージ置き場はコチラから♪
  過去のMay Message置き場  
     
    ワイングラスをクリック♪
        ゲストブックへご案内いたします♪

□ Web 日本語入力
 ・ Ajax IME

   *サイト内関連記事

□ パリの新聞
 ・OVNI (Ja&Fr)

□ お気に入りWebRadio
 ・Cherie FM(Fr)
 ・NOSTALGIR
  ROCK LEGEND (Fr)

病院脇のカフェオーナーが
いつもお世話になってる所
医療従事者さんのリンク
          ブログ病院へご案内いたします♪あっ、紹介状もお忘れなく^^
ブログ病院再開推進中♪
 e-Byung-Hunへはコチラからも行けます。でも胸は触らないでくださいネ(笑)では、お気をつけて良い旅を♪
My Blog :e-Byung-Hun

メールはこの後にco.jpをお付けくださいネ^^
  Madame 専用Backyard♪

   
    My Security Tag SAMURAI Ninja

      


 Power Chargeは↓コチラから♪
      1click Music

  
検索
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧