カテゴリ:◇ 音楽/映画/本( 16 )

@屋根裏部屋
d0085752_22382158.jpg

                       

   連休月の今月は、お客さんも少ないと思っていたので、コメント出前(笑)の他は、
   cafeの屋根裏部屋で久々にゆっくりと映画を観ながら寛いでいました^^
   
   見た作品はメジャーではないものが殆どですが、勉強になりました。
   世の中にはあまり知られていない病気がまだまだあるんですね。。。
   
   見終わって感じたことは、なんとなく手に取った作品が実は
   先月から読んでいた本と関連があるものが多かったということ。
   なんだかいつも課題を与えられているようで...ちょっと(悩)^^;

   関連本: 『 火星の人類学者-脳神経科医と7人の奇妙な患者
          『 タングステンおじさん-化学と過ごした私の少年時代 』        
         映画化された 『レナードの朝』 原題:Awakenings の著者で
         脳神経医オリヴァー・サックス著
         Amazonレビューへ行きます♪

   ◇ 素粒子 原題: Elementarteilchen 英題:ATOMISED 2006/ドイツ
       2006年ベルリン国際映画祭で最優秀主演男優賞を受賞した作品。
       “フランス文壇を揺るがせる事件”といわれた問題の小説が遂に映画化!と
       書かれてありましたが、小説は読んでないので比較のしようがありません^^;
       幼い頃、ヒッピーだった母親に養育放棄され、異なる環境で育った異父兄弟。
       国語教師の兄と科学者の弟。映画のテロップを見ると、どうやら実話が元に
       なっているようです。

   ◇ 街のあかり 原題:Laitakaupungin valot  2006/フィンランド
       2006年カンヌ国際映画祭コンペティション部門正式作品
       警備会社で働く真面目な男コイスティネンは、会社の中でも浮いた存在。
       私生活では友人も恋人も家族もいない、孤独な生活を送っている。
       売店の女性アイラだけがそんな彼を見つめていたが...        


   ◇ プルーフ・オブ・マイ・ライフ  原題: PROOF  2004/アメリカ
       非凡な才能を持つ数学者親子の苦悩を描いた作品。
       以前紹介した「放浪の天才数学者エルデシュ」の
       エルデシュ博士が「君の頭は営業中かね?」と訪ね歩いた
       世界中の数学者達の中にもこんな人達がいたんだろうなぁと
       想像させる作品でもありました^^

   ◇ モーツァルトとクジラ 原題:MOZART AND THE WHALE  2004/アメリカ
       『レインマン』でアカデミー賞脚本賞を獲得したロナルド・バスが
       脚本を務める。 自閉症のひとつとされているアスペルガー症候群を
       抱える、数字に強い興味を抱くドナルド(ジョシュ・ハートネット)
       そんな彼が恋したのは同じ障害を持つ美容師のイザベラ。
       同じ障害を抱えるカップルの恋愛を描いたラブロマンス・シネマ。
       じつはこのラブロマンス、"実話"を元に書き上げられた作品だそうで、
       原作者が『レインマン』を観て自分も同じ病気だと知ったそうです(驚)
       主役は 『I come with the rain』 主役のJosh Hartnet


   ◇ 幸せのレシピ 原題: NO RESERVATIONS  2007/アメリカ 
      NYの人気店の料理長で腕利きの女性シャフのケイトは、職人気質のために
      ストレスを抱える毎日。店のオーナーからセラピーを受けるように言われ
      通っていた。そんなある日、姉の事故死で姪を引き取ることになってしまう。   
                 

   ◇ プロヴァンスの贈りもの 原題:A Good Year  2006/アメリカ
        "A Good Year"・・・ワインの世界でいう「あたり年」のことだそうで、
        ラッセル・クロウがちょいメタボな英国人敏腕トレーダーを演じています^^

   ◇ ドーパミン  原題: INTOXICATING  2003/アメリカ 劇場未公開
        ある一流心臓外科医が様々な"中毒"によって崩壊していく...

   ◇ H [エイチ] 2004/韓国 サイコ・スリラー 
         R指定 1時間46分49秒 5/26(月)正午まで

       無料動画配信 GyaO 映画 ⇒ コチラ
       ある日、死刑囚として刑務所に収容されている連続犯人と
       同じ手口の残酷な犯罪が起きた。いったい犯人は誰なのか?


                世界の片隅でコーヒーを出前しながら(笑)

                 ここからもポチッと応援できます♪
                       
                   でも今日は行ったり来たりコメント出前chu~☆彡



              人気ブログランキングへ行きます♪

     作品をClickすると各々Amazon詳細ページへ。  三角印をClickするとぐるぐる回ります♪

             
[PR]
by madame_oco | 2008-05-05 23:41 | ◇ 音楽/映画/本

Re:Genesis-感染-


d0085752_12335385.jpg

  最先端の科学の追求の先にあるのは、救済なのか、それとも滅亡なのか・・・

    というキャッチ・コピーが印象的な、日本地上波未公開(12月放送決定)、
    カナダ発の新感覚バイオサスペンスドラマ 『 Re:Genesis 』(2004)
    code101『感染』が期間限定(8/20まで)で配信されているのを観て、
    第1話ですっかり"感染"してしまったようですmadameが作った絵文字?デス♪

    アメリカだけでなく日本でも人気となった(たぶん)『LOST』や『24』も、
    今のところ、Madameを惹きつけられないでいます(笑)。
    大抵が第1話で"さよなら~"ということになってしまいました。
    でも、なんだか恐縮してしまって、今までコメントができませんでした。。。
    だって、熱狂的なファンが多いみたいですしね^^;   


    実は1ケ月ほど前、図書館でこの本↓と出会い、早速借りて読んでみました。
d0085752_13305694.jpg

    本の中に書いてあるほとんどのことが現実社会で起きているのだとしたら、
    (たぶんもう起きているのでしょう...)
    私も含め非医療従事者である一般の人は、医療現場を知ることよりも先に、
    現実社会で起きているかもしれない"別な現場"を知るのが先かもしれない
    ...と思ってしまって。。。そんな矢先に、このドラマが私の目の前に。

    いつものように"課題"が与えられた気分です。
    今の時期なら"夏休みの宿題"という感じでしょうか(苦笑) 
    
    このドラマは、行き過ぎたバイオテクノロジーを調査し、
    真実を明らかにする生化学調査班「NorBAC」(北米バイオ諮問委員会)を
    舞台に描いたドラマシリーズ。
    今回私が見たのはシーズン1(全13話)シリーズの第1話。
    8/24日からレンタル開始されるらしいので、第2話が待ち遠しいです♪
    ちなみに、このドラマのアメリカでの放映は今秋からのようです。 
                            詳しくは Gyao ドラマ にて
 
  code101 「感染」・・・本来人間に伝染しないはずのラクダ天然痘エボラウィルスで、
                 死者が続出する非常事態が発生。 
  code102 「クローン」
          ・・・自分は骨髄ガンの兄の治療のためにこの世に生まれてきて、
            今骨髄移植を繰り返し内臓がボロボロになっていると告げる少年。
            (これは以前ドキュメンタリー番組で見た、移植のために確率の
             高い兄弟(部品)を産む(作る)という母親の話と非常に似ています)
  code103 「凶弾」
  code104 「プリオン」
  code105 「最古のウイルス」
  code106 「生体実験」
  code107 「HIV」
  code108 「大停電」
  code109 「異常発生」
  code110 「遺伝子操作」
  code111 「バイオテロ」
  code112 「復活」
  code113 「新・創世記」

  ◇ 各ストーリーのあらすじは、公式HPで見れます。 http://www.regenesis.tv/
    ゲームやブログパーツもあるようです。
   

      そう言えば、昨日のニュースで話題になっていた英国で感染した牛が、
      数キロ離れた動物保健研究所に入居する民間製薬会社のワクチン生産に
      用いていたウイルスとほぼ同一であると発表されましたね...

                                  これをポチッとしても人気BLOGランキングに投票できます^^ 
                                 人気ブログランキングに参加中です^^
                                           みんなで考えよう世界の未来を♪
                                           いやぁーちょっと見てみたいな~
                                           と思っていただけたら、ポチッとネ^^


「NorBAC」(北米バイオ諮問委員会)とは?
[PR]
by madame_oco | 2007-08-06 14:02 | ◇ 音楽/映画/本

お会いしたかったのに...トミー・エマニュエル

     この頃お気に入りのGuitar player Tommy Emmanuel氏、
     今日横浜でコンサートが行われました。

        TOMMY EMMANUEL C.G.P JAPAN TOUR 2007 
        JAPAN Tokyo - Yokahama Blitz            
           7/23/2007 7:00 pm ~

d0085752_20593948.jpg

     今頃はきっと...
     コンサートを終え、グイッーと1杯飲んでいるところでしょうか?

     あぁー、お会いしたかったのに、、、お会いできませんでした(涙)

     明日は場所が変わりますが、テクニックの講座があるそうです。

     ということで、今日もまた My ゆーちゅーぶ で rendez-vousd♪
 
     そう言えば、ランデブーと書きますと、"合挽"(いぇ、ちがいました^^;)
     "逢引"というと男女のただならぬ待ち合わせのようなイメージがありますが、
     本場フランスでは、病院に診察を受けに行くのもランデブーなんだそうで、
     アポイントをとってお会いするという、ただの待ち合わせのことようです。

     私とトミーおじ様はただのランデブーじゃないの! 夢のらんでぶーなんデス♪

     ところで、このお店でお会いするみなさんとは、rendez-vousd!?
                                 これをポチッとしても人気BLOGランキングに投票できます^^ 
                                 人気ブログランキングに参加中です^^
                                         可哀想にこの人...と思ったらポチッとね♪

[PR]
by madame_oco | 2007-07-23 22:02 | ◇ 音楽/映画/本

-帰郷-Volver
                                 最終更新日 2007/07/05 00:25 
d0085752_23491589.gif
 

  まだ観ていないのですが、この映画の挿入歌『Volvér』がとても心に残ります。
  この曲を歌っているいるのは、スペインの歌手Estrella Morente女史。

  なんとも味わいのあるお声です。映画の中ではペネロペさんも歌っています。
  これもなかなか良いです。ちょっと仕掛けがあるようなので今はまだ言えません^^  

  この作品は、去年のカンヌ映画祭で出演女優全員が最優秀女優賞を獲得
  するという快挙を成し遂げました。私が観れるのは当分先ですが、楽しみです♪

       『 Volver 』 (ボルベール)
      ■2007年 スペイン
      監督/ペドロ・アルモドバル
      脚本/ペドロ・アルモドバル
      音楽/アルベルト・イグレシアス
      出演/ペネロペ・クルス
           カルメン・マウラ
           ロラ・ドゥエニャス
           ブランカ・ポルティージョ


        ライムンダ(ペネロペ・クルス)が歌う『Volvér』の映像(My ゆーちゅーぶ)
              " with coffee " Google branch

       私も歌にあわせてフラメンコが踊れたら楽しいだろうになぁ...

                                  
d0085752_18245560.jpg
             現地で踊った(?)時のものです。 オハズカシィッ ^^;
          それにしても、コート・ダ・ジュールに帰りたい気分です。。。


                                 これをポチッとしても人気BLOGランキングに投票できます^^ 
                                   人気ブログランキングに参加中♪
                                            ご近所の方々にもご挨拶しなくては♪


 
[PR]
by madame_oco | 2007-07-03 18:25 | ◇ 音楽/映画/本

善きサマリア人の法『Love Story in Harvard 』第7話より
d0085752_14244798.jpg
いつも、ドラマではお勉強をさせていただいている cafe owner ですが、
今回も韓国ドラマ『Love Story in Harvard 』第7話で大きな収穫がありました^^

前回の続きになってしまいますが、今日UPされた第7話でお勉強した、
"善きサマリア人の法(よきサマリアびとのほう)"Good Samaritan Lawを
今回は取り上げてみますネ^^

先週のお話・・・医学生スインがバイト先で"ドクターコール"を受け、
応急処置をし一命を取り留めたが、後遺症が残り裁判沙汰に。
所属のハーバード大学では懲罰委員会が行われることに...

  「気道閉鎖で意識を失った患者に 輪状甲状靭帯切開を行いましたか?」
  「はい」 
  「輪状甲状靭帯切開は専門医も慎重を要する医術です。
   学生はそれを習いましたか?」
  「教授から1ヶ月前に習い、自習用のマネキンで直接手術をしてみました。」
  「実際の患者を手術した事がありますか?」
  「いいえ、ありません」
  「絶対に許せません。
   緊急でも教授の立会いの下でのみ、可能である事を知っていましたか?」
  「はい」
  「従わなかった場合、除籍処分になる事もですか?」
  「はい」
  「その事実を指導教授から直接聞いた事はありますか?」
  「はい」
  「あらゆる状況を考えても、学生は明らかに校則を破りました。
   もし同じ状況になったら、あなたはどうしますか?」
  「また同じ状況になっても、私は同じ行動をとると思います。」
  「この状況に対して、反省していないという事ですか?」
  「私のせいで教授たちに迷惑をかけたことは申し訳なく思います。
   しかし、どんな状況でも患者の生命が一番大事だという
   私の信念は変わりありません。」

  「以上で懲戒委員会を終わります。結果は少し後に...」

  「話したいことがあります。友達の変わりに弁論をする機会を与えてください。」
 
  「"善きサマリア人の法"というものがあります。 危急な状況では、
   いかなる保障も望まず患者の命を助けようとする意図が明確な時、
   結果に関係なく応急処置をした者は、法の保護を受けなければならない
   と言う事です。あの日、彼女は患者が倒れた後、明らかに
   危急な状況だという事実を認知した状態で患者に施術したと聞いています。
   自身にどんな不利益な事があるかを知っていながらです。
   自分の信念の通りに行動できる事、時にはその行動が愚かにも見えますが、
   誰にでも出来る事ではないのです。人はそれを勇気と呼ぶはずです。
   例え本意ではない失敗があったとしても、あの日彼女の処置は
   自身の慰安より他人を先に考える勇気ある行為とみなせるため、
   "善きサマリア人の法"の保護を受けるべきだと思います。」 

    
   と、友達以上恋人未満のロースクール学生が彼女の代弁をします。
   このドラマで知った"善きサマリア人の法"ですが、恥ずかしながら
   こうしてドラマ仕立てになっていると物事考え易い気がしています^^;
   この頃日本でも医療訴訟が多くなってきていることにお気付きかと思いますが、
   もし結果が不本意に終わったとしても、そこに悪意がない限り、
   叡智を集め誠実に対応すれば、やはり正義は勝つ わかっていただけるのだと
   思います。(思いたいです) 

   さて、このあとドラマはどういう展開になってしまうのでしょう... 
   この回を最後まで見てしまったMadameはもう知っていますが、
   もちろん、内緒にしておきますネ(o^ー’)b

  *善きサマリア人の法・・・訴訟件数も世界一と言われる全米の、ほとんどの州で
      Good Samaritan doctrine に基づく制定法が存在していて、
      医師が善意の第三者として万一の過失の際の訴訟を気にすることなく
      患者に処置を施せる状態にあるそうです。近年医療訴訟が多くなってきた
      日本でも、この趣旨の法の制定を求める声があるようですが、
      善きサマリア人の法に相当する規定・民法698条に緊急事務管理に
      関する規定としてあるようですが、あまり知られていないとのこと。
        ・・・はいっ、私も知りませんでした。。。                 
                                これをポチッとしても人気BLOGランキングに投票できます^^
                              この記事で、"ちょっと考えたなぁ。。。"
                              と思っていただけた方はポチッっとネ♪    
  *ドクターコール関連・・・
      ・ドクターコールに「応じる」・・・34%
      ・応じた医師の法的責任はどうなる?
      ・どんな症状の患者が多い?
      ・機内にはどんな医薬品・機器がある?
      ・「医療過誤責任を問われない」が応じる条件
    ご興味のある方は⇒ 日経メディカル 救急医療
http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/report/200705/503125.html

医学生スインと訴訟を起こした患者さんとの会話。。。
[PR]
by madame_oco | 2007-06-06 23:50 | ◇ 音楽/映画/本

ハーバード・メディカル&ロースクール -TVドラマー
             
   今回はちょと娯楽の方へ転んでみました^^

   このところ楽しみに見ているのが、毎週水曜日にGyaoでUPされる
   韓国ドラマ 『Love Story In Harvard』 (5/30・・・第6話-救命の代償-UP)
   (物語の1/3はアメリカロケだったようなので、セリフも英語が多いです)
      ケン三郎さんお気に入りの『オールイン』や『チャングム』も良かったのですが、
      毎回、涙ボロボロの『春の日』(メディカル系?)も最終回に。。。


   成績優秀なエリートが集まってくるといわれるハーバード大学で知り合った、
   ロースクールの男子学生2人とメディカルスクールの女子学生が、
   夢と現実、愛との狭間で苦しみながらも、青春の美しさ、人生の重さ、
   友情、そして愛に気づいてゆく物語。

   医療事故なども扱い、法医学や裁判シーンなどが織り交ぜられた、
   本格派志向のこのドラマは、全18話で2004年から2005年にかけて
   韓国SBSで放送されたものです。 
 
d0085752_19211450.jpg
                キム・テヒさんはソウル大学出身の女優さん

   「韓国から来たんだ。韓国はアメリカと違って大学に法学部があって
    僕はそこを出たんだ。」

   「それなら私たちより4年も多く勉強したのね? 
    ケインズ教授の講義で助けになりそう~!」

   「・・・・?」

   「冗談よ 今日の授業は散々だったわね。」

この会話、以前だったら主人公のように何も知らず笑えなかったと思いますが、
今は "なるほど、韓国も日本と同じなんだ" と納得してしまったシーンです。

   アメリカやカナダのメディカルスクールでも、大学(カレッジ)や社会で
   教養や経験を積んだ後、"それでも医者になりたい!"と入学してくるのが普通で、
   18歳で入れる医学部や医科大学はないのだとか。それは、いくら勉強ができても
   目的意識の低い人にできる仕事ではないと考えられているからのようです。


   ちなみにルームメイトの新入生達は、それぞれこんな経歴です・・・(あくまで設定)
     ・ハーバードで政治学を専攻  シカゴ大学の経済学博士
     ・デューク大で経済学を専攻  ハーバードでビジネススクールを卒業
        2年間ウォール街で投資相談をしていた
     ・ハーバードで社会学を専攻  STAでは満点、ニューヨーク代表だった


   "俺は行くぞ 国民を法で守るために ハーバード法学部に行くぞ~!!!"

と、国を背負い、希望に満ち溢れ、意気揚々と異国にやってきた主人公のひとり、ヒョヌ。
代々法曹界で活躍する超エリート一家に生まれ、何不自由なく過ごしてきた彼でしたが、
在米同胞人の"できる"ルームメイトに、

  「ヘイ(おい)!」

  「!?...(俺?)」

  「韓国から来たと言いふらすなら もっと勉強しろよ!」

と言われてしまう始末。


 今日UPされた第6話-救命の代償-より 

     「何をするんだ!?」

     「このままにしとけば 死ぬかもしれないわ」

     「救急車が来るよ」

     「遅いわ 10分以上脳に酸素が供給できないと死ぬわ!」

     「お前は医者じゃくて学生だ 失敗したらどうするんだ?」

     「このままだと死ぬかもしれない!
      習ったとおりにすればできるはずだわ」

     「ライセンスなしでの医療行為は・・・ 重罪だぞ!!」

     「人の命が優先よ!」

     「ダメだ!!」

  資格のない医療行為が重罪だと知りながら、バイト先のパブで倒れた男性客に
  お酒で消毒をし、ナイフとボールペンで蘇生措置を行った医学生スイン。
  客は一命を取り留めたものの後遺症が...

   「緊急なら誰でもメスを握っていいの?」

   「・・・・」
 
   「患者を扱える人に権限と責任を与えるのが医師免許なの。
     学生にそんな権限と責任があると思うの?
     患者にもしもの事があったらあなたが善意で行った行動も
     人は殺人と思うのよ!」

   と教授から言いわれ、謹慎処分になってしまう。

  汚名返上を謀る弁護士事務所に説得された患者の家族が、
  ハーバード大の責任を問う訴えを起こすことに。

  さて、これから先どうなってしまうのでしょうか..


最新の米国医学・医療の現状 ――日野原重明・ボストン便り(後編)
                医学界新聞2007年4月2日より
ハーバード大医学部の入学定員は165名前後であり,うちアジア人は約20%で,
その多くはシンガポール,香港,台湾,ベトナムからの留学生である。
アメリカ籍の日本人二世の他に日本からの入学者は稀という。
新入生の性別は男女がほぼ等しいとのこと。
                                 これをポチッとしても人気BLOGランキングに投票できます^^
                               一応人気ブログランキングに参加してます^^;
d0085752_19225279.jpg

韓国の受験戦争は日本よりはるかに過酷らしく、その勉強熱心さはかなり有名ですが、
それは留学事情にも反映されているようです。ハーバード大における留学生の数は、
国籍別でカナダ(467人)、中国(361人)、韓国(218人)と、なんと韓国は第3位。
日本からの留学生は137人なので、人口比率からみてもかなり多いのかもしれません。
  *実は、上記の数字は何年のデーターか分からなくなってしまいました^^;


           ☆ はじめておいでいただいた方へ
              当ブログ内の -医の心- のページへもどうぞ♪
[PR]
by madame_oco | 2007-05-30 23:17 | ◇ 音楽/映画/本

米医療業界を敵に回した映画(!?)がカンヌへ
この映画、一部を除いてまだ本国でも公開されていません。
なので、まだ見ていないのですが、ちょっと気になります。

2004年に『華氏911』で第57回カンヌ国際映画祭
パルムドール(最高賞)に輝いたマイケル・ムーア監督。

この監督の最新作『シッコ』(←ちょっと変な感じ?)が、
2007年の第60回カンヌ国際映画祭の特別招待作品の一つに決定したようでが..
  (2006年秋第31回トロント国際映画祭で一部公開)

   "米医療業界(医薬品会社)を敵に回した(?)ムーアさん。
   2年間の沈黙を破り“お騒がせ男”が『シッコ』とともにカンヌ再上陸! "

   
 公開前に、アメリカ医療の事情・現状をちょっとお勉強しておくと良いかもしれませんね。
     
   □ ブログ病院 薬剤・医療機器・・・5/28追記


   □ 映画関連記事&画像 AFP(Agence France-Presse)  
     エンターテインメント 映画 AFP 【トロント/カナダ 2006年9月10日 】
       ⇒ <第31回トロント国際映画祭> 次回作の一部が公開

   □ アメリカ経済(一般)記事 AFP 【ワシントンD.C./米国 2006年8月29日】
       ⇒  4700万人が医療保険未加入...  

   □ エンターテインメント 映画 AFP 【ニューヨーク 2007年5月11日】 5/14追記
       ⇒ ムーア監督新作をキューバで撮影、米国政府が調査 
                                 これでもポチッとできます^^
                               一応人気ブログランキングに参加してます^^
                                        ご近所のみなさん、今後ともどうぞ宜しく♪


    それと、、、カンヌ映画祭の時期ということもあり、
    Madameも作品を作ってみました。初監督作品ですが、泣ける予告編です。
    ⇒今なら 惜しげもなく公開中

続き...
[PR]
by madame_oco | 2007-05-09 15:10 | ◇ 音楽/映画/本

過ぎてしまえば。。。
       ドラマ「美しき日々」 女優:チェ・ジウ、男優:イ・ビョンホン、Arranged by OCO
                               Arranged by OCO
                 「美しき日々」より 4コマ  


       
       思いでは...

       過ぎてしまえば、すべて"美しき日々" 



       この頃、ほんとうにそう思います...

 
      思い出を胸に抱え、
      今夜は Tommy Emmanuel  「Only」 
       "stay close to me" を聴きながら 
      お先に失礼いたしますネ♪

      どなたさまも、おやすみなさいませ。。。

                               このゾウさんのことがわかった方はポチッとお願いいたしますm(_ _)m
                               人気ブログランキングに参加中です^^
                                         元気な心と日本を取り戻そう♪
                                       "美しい思い出ねぇ...ん~あるある!"
                                            と思ったらポチッとネ^^
                
[PR]
by madame_oco | 2007-03-26 23:28 | ◇ 音楽/映画/本

映画『Joyeux Noël』 クリスマスが終わっても...
d0085752_14195170.jpg


       数年前からアメリカでは Happy Holidays が目立ってきたといいます。
       そして今やお店などでは「メリー・クリスマス」の文字が見あたらないとのこと。

       これも、数年前に起きた悲しい出来事があったからなのでしょう...


       「何かカードのアイディアになるようなものはないかしら?」と
       ネットで世界旅行に出かけたら、サンタさんでもなくキリストさんでもなく、
       この3人の兵士と「メリー・クリスマス」にあたるフランス語の文字が目に。

       「さて?なんでなのかしら?」と思い、調べてみると日本でも昨年5月に
       公開された映画だとわかった。ただ、日本の場合は女優さんがメインの
       ようなポスターだったので、同じ映画とはぜんぜん気づかずにいました。

       この映画は、第1次世界大戦中に本当にあったお話だったようですが、
       歴史には残っていない、戦場で起きた聖なる夜の出来事を描いたもの。

       敵対する三ヶ国の兵士達がバグパイプと歌声(アリア)の競演がきっかけで、
       一夜の1日限りの休戦が実現します。言葉も文化も違う彼らが、
       どうやって交流ができたのか...

       この映画では、私が旅した時に得た
            "互いに相手を理解しようとする心"を感じました。

       "軍"組織というより"兵士"各々の個性・人間性がでています。
       その各々の個性が人間として心を開いてゆき、
       当初抱いていた"教育された敵対意識"がこの一晩の出来事で
       仲間意識に変わってゆきます。
       それはほんの些細な、でもとても純粋な事から。

       その年のクリスマスが終わっても、彼らはこの時感じた気持ちを
       持ち続けて生きてくれたのだと思います。

       そして、この映画を観た一人一人も同じようにこの気持ちを抱き、
       日々を暮らしてゆけば、世界が平和でいれるのではないかと...


          第一次世界大戦開戦時にイギリス海軍大臣だった
          ウィンストン・チャーチルの言葉
          「第一次世界大戦以降、戦場から騎士道精神が失われ、
          戦場は単なる大量殺戮の場と化した」
                           Wikipedia  World War I 
 

More
[PR]
by madame_oco | 2006-12-29 17:17 | ◇ 音楽/映画/本

ちょっぴり切ないアロハな映画・・・「フラガール」  
                人生には降りられない舞台がある―
               まちのため、家族のため、友のため、
             そして自分のために、少女たちはフラダンスに挑む

d0085752_16281693.jpg
     
      1960年代、鉱山の危機を救うために死期回生を賭けて始めた再生事業。

      ツルハシをウクレレに持ち替え、娘たちは見たこともないハワイの踊りを、
      農家の出身というだけでバナナなどの熱帯植物を植え育て、はたまた、
      標準語などを喋ったこともない炭鉱夫や選炭婦たちがホテルのフロントを.

      時代の変化にやるせない思い・葛藤を抱えながらも、大変な再生事業を
      「一山一家」(*)の精神で、本当に"北国の楽園ハワイ"を成功させたお話.


      
      やっと、観てきました♪ (しかもレディースデイでお得でした^^)

      まだ上映中のところもあるようなので多くは語りませんが、
      久々に素直に涙を流してまいりました。
      これも平日は人が少ない地方の映画館のお陰です^^; 
 

To you Sweetheart Aloha ♪
[PR]
by madame_oco | 2006-12-12 20:20 | ◇ 音楽/映画/本


世界の片隅に小さな小さなcafeをオープン♪ 心も体も元気でいれるようにコーヒーを飲みながら...ひと息つきましょ.。.:*・゚☆
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ファン
ブログパーツ
ライフログ
以前の記事
カテゴリ
    
復興アクション 被災地のために日本のためにMadameからみなさんへのメッセージです♪ 
 ★約1年ぶりのUPです★
 お久しぶりでございました。
 小正月を迎えた今夜(16日)、
 背景をく桜に変えてみました。
 少しは気分転換なれば良い
 のですが...って、コレは
 自分のためでした(ココロニ汗)。
 こころがちょっと萎えちゃう時
 いつもより少し多めに睡眠を
 とると良いかもしれませんね。
 それではどなたさまも今宵は
 ぐっすりとおやすみください☆彡 

 今年もよろしくお願いいたします^^   
 17 January  2009 00:20


 
  ★おはようございまーす★
 久々にこちらへメッセージを^^
 ウフッ春らしくなってきましたネ♪
 でもそのかわりに毎年恒例の
 クシャミとの戦いも始まります。 
 色とりどりの綺麗な景色なのに、
 なみだ目になっちゃうので、楽し
 んでいる余裕もない感じで...
 でもそんな時には少しでも心に
 エネルギー補給Power Charge
 をしなくてはいけませんね。そこで
 このブログのテーマ曲を決定♪
 一昨年はQUEENの
 ★"I WAS BORN TO LOVE YOU"
 昨年はTommy Emmanuelの
 ★"SINCE WE MET"でした。
 そして今年は先日記事で紹介した
 ★"TAKE MY HAND"
 ・・・SIMPLE PLANのRock調で
 激しく(笑)いきたいと思います♪
 記事を読む前に、まずはカチッっと
 ONにして記事を読むとGooo♪
    
 それではみなさん、今日も心に
 しっかりパワー・チャージをネ♪
  11 March 2008 9:15
 思えば去年もだったのですが、
 たぶん風邪ではなく喉の乾燥で
 2・3日前から咳込みがひどくなり
 お腹の筋肉がちょっと痛みます。
 普段から腹筋を使っていないのが
 バレバレですね^^;去年も病院
 へ行かずに治るのを待ちました。
 大変と言えばちょっと大変ですが、
 たまには自然治癒力を使ってあげ
 ないと、なんだか体に申し訳ない
 ような感じがする今日この頃(笑) 
 週末明けには治ると思います♪

 それではどなた様も素敵な週末を
 お過ごしくださいませね♪♪♪
  2 February 2008 00:03

  大寒を迎えてから益々寒さが
 厳しくなってますね。風邪など
 ひかれていませんでしょうか?
 コメントをいただいたままで、
 ◆お返事がまだのみなさんへ◆
 もうちょっと待っててくださいね。
 ゆっくりお話ししたいものですか
 ら、お時間ください♪ ・ ・ ・ ・
 この頃、大好きだった伯父さん
 のお見舞いに行ってきたその夜、
 他界しました。明日がお別れの
 日なものですから...ちょっと
 落ち着きましたらきっとです^^
 
 それと、今宵あたり別ブログで
 7万アクセスになるようです♪
 さて7万を踏むのはいったい?
 キャー!!あと一人ですぅぅ!
 25 January  2008 23:58

 と、見に行っったのは良かった
 のですが、日付が変わり自分
 で踏んでしまいました..トホッ
 ぃゃ~ん、なんてことでしょ^^;
 ということで、今夜は静かに退
 散致します。おやすみなさぃ       
 26 January  2008 00:10


 小寒を迎えてから寒さ続きの
 毎日ですが、いかがお過ごしで
 しょうか?この時期、触れるもの
 がヒンヤリしていると、何故か心
 まで寒くなってしまいますよね。
 それでなのか、この時期になると
 冬眠状態になってしまうのです。
 ゴメンナサイ^^;。だから、せめて
 温かいコーヒーでもお出しできた
 ら良いのですがね...。スミマセン
 まずは心温めるチキンスプを探
 しに行ってきまーす。それでは、

 今年もよろしくお願いいたします^^     
 18 January  2008 14:10


        いつも支えてくださり、ありがとうございます^
   いかがお過ごしでしょうか。。。
 明日からパリイに飛びます♪

 というのはウソです。お江戸で
 お仕事&お遊びです・・・(笑)
 お泊りは先日(記事)と同じ所。
 本当は丸の内あたりにお泊り
 したかったのですが混み混み
 とのこと。残念です。せめて
 ランチは食べてみたかったわ。 
  
 明朝早いので・・・お先に失礼ぃ♪ 
 14 November 2007 23:58


        いつも支えてくださり、ありがとうございます^

with Coffee営業中♪RSSへ

 ご来店、ありがとうございます^^
 いつも陰ながら支えて下さってる
 Madameの大切な皆さんへ・・・
 夢見る事を忘れないでくださいネ。
 一人の夢が、多くの人の人生を変
 えた事を思い出してみてください。
 夢の持つ力を信じてみましょー♪

   では、素敵な週末を^^ 

   21 July 2007 00:30

      過去のメッセージ置き場はコチラから♪
  過去のMay Message置き場  
     
    ワイングラスをクリック♪
        ゲストブックへご案内いたします♪

□ Web 日本語入力
 ・ Ajax IME

   *サイト内関連記事

□ パリの新聞
 ・OVNI (Ja&Fr)

□ お気に入りWebRadio
 ・Cherie FM(Fr)
 ・NOSTALGIR
  ROCK LEGEND (Fr)

病院脇のカフェオーナーが
いつもお世話になってる所
医療従事者さんのリンク
          ブログ病院へご案内いたします♪あっ、紹介状もお忘れなく^^
ブログ病院再開推進中♪
 e-Byung-Hunへはコチラからも行けます。でも胸は触らないでくださいネ(笑)では、お気をつけて良い旅を♪
My Blog :e-Byung-Hun

メールはこの後にco.jpをお付けくださいネ^^
  Madame 専用Backyard♪

   
    My Security Tag SAMURAI Ninja

      


 Power Chargeは↓コチラから♪
      1click Music

  
検索
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧