1/27きょうの出来事…Mobile より
d0085752_0413722.jpg

こんばんは。今日は外からお送りしますね♪お江戸からです。
今、日本のシンボルが建つ場所の近くにいます。
写真を撮ろうと外にでたのですが、消灯していました(苦笑)
なのでヒントになる画像がありません。ゴメンナサイ^^;

まぁ~いろいろあるので想像してみてください。
当てた方には何か用意しておきますネ(笑)


今日は久々に気持ちの良い応対を受けました。
あるホテルでランチを取ったときのことです。

「消化のいいものがいいんですが…」
「じゃ~少し柔らかく茹でましょか?」
しばらくするとブリオショとサラダが出てきました。最後のデザートの時にはコーヒーをカフェオレに。
すべて担当者が違うのに情報をきちんと共有していました。
簡単のようですが、なかなか出来ないものです。
前回の六本木にある超有名ホテルのレストランでは、
このようにはいきませんでした。ホテルのサービスには定評があるとこだったのにです。

うわぁぁ、瞼が…‥‥・・
そろそろ今宵はこの返で失礼しなくては。
それでは、どなた様も…おやすみなさぃ。

以上きょうの出来事でした♪
[PR]
# by madame_oco | 2009-01-28 00:41

薬剤耐性細菌・・・抗生物質がつくりだすスーパーバグ
d0085752_22184099.jpg
 
暦の上では「大寒」を迎えた今日、久々のUPになってしまいましたが、お元気でしょうか?
風邪やインフルエンザに罹っている方はいませんか? もし罹ってしまったら、
こんな世の中ですから(どんな?)、焦らずゆっくり自宅で養生し治してくださいね☆彡。

ownerは先月、クリスマスの日にサンタさんから予防接種をいただいたので大丈夫♪
(と言っても、今のところですが) でも、お正月に入りすぐ、病院に行かず看病することに^^;。
急な高熱(最高39.5℃)だったので、(自分も)感染してしまうのでは?、と思ったのですが、
こまめに消毒ウエットティッシュや手洗いをし、お互いマスクをするなど、考えられる予防
策で対応してみると、なんとか感染せずに無事任務(?)を終えることができました(嬉)。
ですので、今のところ元気でおります。ご安心ください^^。(心肺ぃぇ心配してない!?)

そんなこともあり、ホッとひと安心した先週はレンタルでTVドラマを7話も見てしまいました。
水曜日はレディース・デイや、15日は半額デイ・・・と特典てんこ盛りの週だったので、
つい沢山...アハッ^^;。それで、お借りしたものはと言いますと、ownerの大のお気に入り、
カナダのバイオ犯罪系(と言っても米国のようにドンパチはありません)ドラマ『Re:Genesis』
(バイオ犯罪捜査班)の、今回はseason 3をまとめて4本を”大人借り”してみました(笑)。

今回お借りした話(返却が遅れていて、まだ最初の6話が見れていません)は、全部で7話分。
これまで以上に興味をそそるものでした。なんと10話の少女の『処女懐胎』は日曜夜NHKで
も放映があった単位生殖のことでしたし、PCをダウンさせてしまう人工バクテリアも凄いですね。
それに、旧日本軍が独自開発した「風船爆弾」に積まれていた細菌兵器が今頃・・・何故?。
治療のために使ったウィルス。その勢いを抑えるために使った抗ウイルス剤の悪夢、等。
最後は「未来への警鐘」とありますが...いけないっ!お口にチャックでした(汗)

ん~心の中、またまた感染拡大中、病みつきです(熱が...)。カナダではどうやらseason 4が
放映されているようなので次回も楽しみにしております。ところで、いつ来日するんでしょ!?

今回はこのドラマから(たぶん)影響を受け、強く関心を持った英国発の1冊をお届けします。



― S U P E R B U G ―
by Geoffrey Cannon

院内感染MRSA、有益な腸内細菌を破壊する各種耐性菌(多剤耐性菌)
老人の結核を増加させる耐性結核菌、子供達に襲いかかる大腸菌変異株、
すべては抗生物質のご過用と誤用が生み出した、「超」細菌=スーパーバグによる。


パート1 盲目の信頼:医師と患者・・・のまとめ から

    薬剤に対する私たちの信頼は、医師に特別な力を与え、私たちの病気と健康
    について考え、すなわち病気であることと健康であることはどういうことなのか
    という問いかけに大きな影響を与えている。抗生物質は実際危険であるが、
    侵襲性細菌感染にとっては不可欠の治療法である。しかし、現実は秘薬として
    の薬の神話とは非常に異なっている。抗生物質には多くの副作用があり、その
    いくつかは治療対象となる病気と同じ病態を示す場合がある。抗生物質の危険
    性の過大評価とそれらの利点の過大評価は、病院と一般診療所での不注意な
    誤用を導く。さらに、偉大なる19世紀の伝染病の克服者としての抗生物質の歴
    史上の名声は、確立されていないのである。 ・・・2009/01/24追記

       新しい聖職/不完全な薬/克服されていない伝染病

パート2 足踏み車上で:薬の時代・・・のまとめ から

    抗生物質は現代の製薬会社と現代の医療従事者の名声を築いた。抗生物質が
    出る前、製薬会社は小さなビジネスであった。第二次世界大戦後の「黄金時代」
    において、特許によって保護された新しい抗生物質は工業の石油に相当するもの
    であった。果てしない需要、広大な利益。抗生物質の熱狂的な商業開発によって、
    企業はいくつかの小さな国々よりも年間多くのお金を得る個々の会社をもつ現在
    多国籍巨大企業と呼ばれているものに変わってしまった。企業にとって、抗生物質
    は夢の薬である。使われれば使われるほど、細菌はより耐性を生み出す。
    したがって、企業は、そのうち効かなくなるずっと高価な製品を特許をとって販売
    する・・・・。そして薬の足踏み車はどんどん速く回転していくのである。 ・・・追記
 
       バグと薬のABC/抗生物質の問題点/抗生物質の金脈を掘り当てる/
       感染症ビジネス

パート3 バグ戦争:細菌はどのようにして健康を保ってくれるのか・・・のまとめ から

    無数の細菌が私たちの皮膚と体内にすんでいる。これらは、
    私たちと協調して進化してきたもので、消化器系と免疫系の
    重要な部分となっており、ほとんどすべてが「味方の細菌叢(そう)」である。
    それらは私たちの健康を保ち、身体の重要臓器を支え、事実上、重要臓器の
    一つになっている微生物によって病気の進入から私たちを保護してくれる。
    しかし、残念ながら、抗生物質は、例によって細菌が不潔な病気の原因である
    と考えられていたときに開発された。 半世紀以上にわたって抗生物質を用いて
    医師によって戦われた細菌戦争は、私たちを防御してくれる細菌を破壊し、
    私たちをさらに病気に罹りやすくしているのである。

       病気の病原微生物説/細菌とともに暮らす/ヒトの体内の生態学/
       細菌をこっぱみじんにやっつける

パート4 現代の黙示録:抗生物質はどのようにして病気を生むのか・・・のまとめ から

    抗生物質は危険な細菌感染に対する重要な治療法である一方、それらは誤用され
    乱用され、医師たちは人の身体の生態系に対するこれらの強力な薬の副作用を
    見逃す傾向にある。継続的な使用は、特に広域スペクトルの抗生物質の場合、
    感染症だけでなく非感染症疾患にまで私たちを罹りやすくする。抗生物質は、耳、
    鼻、喉、尿、女性の生殖管の病気といった多くの感染症、そしてさまざまな無能力に
    させる非常にひどい腸疾患に私たちを罹らせる。最終的にはそれらはまた各種の
    病気に対する免疫力を低下させる。どのくらいの病気が抗生物質によって部分的に
    引き起こされているのか不明である。 ・・・2009/01/22追記

       女子と子供が先/腸管の菌交代/身体中が病気であると感じる/
       自然の最悪の策略か

パート5 スーパーバグ:自然の報復・・・のまとめ から

    薬剤耐性菌、すなわちスーパーバグとして知られているものは、病院、発展途上国、
    酪農場のような人や動物の過密した環境で育てられる。そこから、それらは至る所へ
    ひろがっていく。現代の病院は病原体の巣窟となり、ほとんどか実際すべての薬剤に
    突然変異細菌耐性が侵入している。抗生物質の大混乱した過用と誤用は発展途上国
    に住む人々の身体を危険にさらす。工場化した畜産は、非常に込み合った環境におい
    て感染症の流行をくい止めるのに不可欠な抗生物質に依存しており、このようにして
    育てられたスーパーバグはまた人の健康を脅かすものである。何度も何度も、微生物
    学者たちは抗生物質の過用と誤用の危険性について警告してきた。これらの警告は
    いまだに留意されていない。 ・・・2009/01/22追記

       バグは背後から襲う/感染症薬の耐性/第三世界における混沌/
       動物の薬

パート6 結論
       抗生物質との共存法

以上、ここまで 「超」細菌の報復―抗生物質がつくりだすスーパーバグ より引用




関連書籍
     アメリカや日本は案外感染症に弱い...というようなことが書かれていました。
     また、日本での抗菌薬・抗生物質などその過剰使用についても注意しています。

               ■ バイオテロと医師たち (集英社新書)  最上丈二

               ■ 感染症外来の事件簿 岩田健太郎
                 実は上の『バイオテロと医師たち』を書いた医師の最上丈二氏と
                 この本を書いた岩田健太郎氏は同一人物。こちらの本の著書暦
                 に書いてありビックリ。比べて見たら出身地が一緒でした(苦笑)。 

               ■ 病原微生物の氾濫 アーノ・カーレン 訳: 長野敬 赤松眞紀
                   原著 『MAN AND MICROBES』


               ■ Re:Genesis 3 DVD-BOX

                このドラマは「堅苦しくなく 楽しみながら学べるもの」として
                ゲノム計画にも参加しているトロント大のアレッド・エドワーズ氏を
                (カナダが誇る科学者だそうです)監修に迎え撮影に臨んでいます。
                「細菌の培地にビール・・・まるで髪型を変えたアインシュタインさ」
                とは、監督 ジョン・レキュィエ John L'Ecuryer 氏のお話。
                典型的な学者タイプではないとのことなので、たぶんNorBAC
                (北アメリカバイオテクノロジー諮問委員会:もちろん架空)のボス
                ・ディビッドのキャラと重なる部分が大きいのでは。(女好き?!) 
                このドラマを見ていない日本の科学者でも、学会などで氏の口演を
                聞いている方もいるのではないかと思われます。
                 * Aled Edward
                  Ontario Genomics Institute 
                    Governmental website for educational purposes
             

そうそう、そう言えば明日21日の「そのとき歴史が動いた」(22時~)は天然痘、幕末の名医
といわれた緒方洪庵のお話ですね。Re:Genesis3では遺伝子操作された天然痘が関与します。
天然痘と言えば、牛。 久々にTVに浸かる日々が多くなりそうな2009年・丑年のようです(笑)。


◆ photo・・・昨年咳き込んだときに何故か処方されてしまった抗生物質と一緒に記念撮影(?)


こちら→click
にほんブログ村・写真ブログ[携帯写真]
  

 

外はブルッと厳寒状態でも
ここからもポチッと応援できます♪
こころはHOTにいきましょう^^
                       

人気ブログランキングへ行きます♪
それにしても...Yes、We 寒!!063.gif 

[PR]
# by madame_oco | 2009-01-20 23:44 | ◇ ちょっと医療な本

一粒万倍
d0085752_151974.jpg

                          

お屠蘇気分も返上し、今年最初の仕事も無事(?)終えた今週末(それも連休)、
いかがお過ごしになるのでしょうか? 1週間ぶり、今年最初のcafeからの
記事UPのきょうは、「一粒万倍日」という吉日なんだそうです。ご存知でしたか?
読んで字の如し「一粒が万倍にも増える(悪い方も増える)日」ということだそうです。
ownerは、今年最初の新聞と一緒(ん?・・・広告と一緒!?)に入ってきた、
「平成二十一年高○易」という冊子を見て初めて知った次第でして、それまでは
チラッと見たことはあったのですが、こんなによく眺め(見た)のは今回が初めて。
何かまた使命が課せられているのではないかと、内心ちょっと穏やかではない
のですが、なんだか「好い事」のように思えて(いつもの楽観志?、ぃぇ、楽観視)
今回はそれに合わせて記事UPをしてみました(笑)。写真も記事に合わせて撮影♪

コーヒーの豆は元々は種。まぁ、こんな美味しそうな姿になってしまっては芽が出ませんが、
人との繋がりの種となってくれますもの、貴重な種です。大切にしなくては!・・・ですね☆彡

実は「一粒万倍日」は今年に入って2回目なんです。7日の「大安」とは違いますが、
今回は満(みつ)・女(じょ)という(詳しくはわからないのですが)吉日でもあるようです。
というわけで、きょうまで記事UPをせずに耐え忍んでおりました(汗)・・・お待ち遠様デシタ?

  ◇満(みつ)・・・万象万物ことごとく満溢される良日とされる吉日
  ◇女(じょ)・・・芸始め吉

それでは・・・・・・・
実り多き1年でありますように(パンパン...祈) みなさんも素敵な種を蒔いてくださいネ♪


この頃読んだ書物より、ちょっと気になった箇所を置かせていただきますネ^^

*     *     *     *     *     *     *     *     *     

  ・思考の糧
   活動的なライフスタイルによって、アルツハイマー病や認知症、あるいは
   不安症やうつ病にかかるリスクが減り、ひいては医者にかかる回数も減る。
   脳科学者に指摘されるまでもなく、運動量と医療費が反比例するのは明ら
   かである。
    30分のジョギングを週2、3回、12週間続けるという実験では、被験者に
   認知症の改善が見られた。これを中止すると、認知能力の改善効果も消え
   てしまう。運動による認知能力の改善効果は、これまでに中高年、さらには
   日本の小学四年生の肥満でも実証されている。

 ・脳と運動にまつわる歴史
   我々の祖先がサバンナで8時間、それどころか8分間、しゃがみ続けていたら、
   ほかの動物の餌食になっていた。ヒトの脳が発達を遂げてきたのは、人類が
   数百万年にわたり、およそ、20キロメートルの距離を毎日歩行してきたからだ。

     HBR2008/5号 The Board Meeting of the Future
        分子生物学者 ジョン J.メディナ John J.Medina
                           P24-25より一部引用


*     *     *     *     *     *     *     *     *     

  この本は、Amazonのマーケット・プレイス(中古)で500円前後で買い求めたものですが、
  以前記事でも紹介したマイケル E.ポーター氏やリチャード・フロリダ氏の記事もあります。


◆ photo・・・with Coffee beans 撮影:2009/01/10 P505iS


こちら→click
にほんブログ村・写真ブログ[携帯写真]
  

 
世界の片隅でコーヒー豆をバラ撒いちゃっても(汗)
ここからもポチッと応援できます♪
                       

人気ブログランキングへ行きます♪
  今年の節分はコーヒー豆にしてみる?063.gif ↑YES♪

[PR]
# by madame_oco | 2009-01-10 23:31

招 福 ・・・Mobileより
d0085752_11264358.jpg

元旦の朝、こんな福が舞い込んできました♪
お節料理に紛れ込んでいたちっちゃな縁起物。
これを福と捉らえるかどうかはその人によりますが、
お気楽者のownerは、やはり招福の縁起物と、
一人喜んでおります。それでこっそりおすそ分けを。

みなさんにとりましても良い年でありますように、

今年も世界の片隅のちっちゃなcafeにて、
お祈りしていますね。時々でも構いませんので、
コーヒー片手に気楽にお立ち寄りください。

      2009年 招福カフェ(?)ownerより   
[PR]
# by madame_oco | 2009-01-02 11:26

感謝ならびに*謹賀新年*






先ほど初詣に行って参りました。
今頃、みなさんはどのように過ごしているのでしょ?





思い出せば...昨年はいろいろとありましたね。涙あり笑いありの楽しい日々。
いつも心の支えになっていたのは、ここへ立ち寄ってくださる方たちの足跡でした。
みなさんのお心遣いに、心より感謝申し上げます。本当にありがとうございました。

そして、昨年に引き続き、今年もお付き合いいただけましたら至上の喜びです♪

今年もどうぞよろしくお願いいたします。





こちら→click
にほんブログ村・写真ブログ[携帯写真]
  

 
2礼2拍手1礼を忘れちゃっても
ここからもポチッと応援できます♪
                       

人気ブログランキングへ行きます♪
   初詣はこちらからもできますヨ♪063.gif ↑ポチッ

[PR]
# by madame_oco | 2009-01-01 01:49

KEEP HEAVENLY NIGHT ♪
d0085752_23211162.jpg


”まだ、クリスマス気分を引きずっているのではないかしら?”
と言われてしまいそうですね。でも、それもちょっぴりあるかも(笑)。

この頃(冬場は特に)、お布団の”ぬくぬく”がたまらなく愛しいのです。
”愛しい”だなんてちょっと変でしょうかね。あの温もりが心地よいので、
その場を離れたくなくなるのです。でもそういう訳にもいかないので、
その温もりとお別れするわけですが。だから、夜が待ち遠しいのです。
1日を終え、お布団に入るその瞬間、朝の”ぬくぬく”感がよみがえり、
お顔ニッコリ、心ホッコリ。そして知らぬ間に眠りにつく。この繰り返し。
おぉ~考えただけでも、口角が上がり顔がほころんでしまいます☆彡

熱でもあるんじゃないですか?...ぃぇ、インフルエンザのワクチンも
終え、軽~い風邪のような症状はありましたが、今はもう大丈夫!!

なんといっても”至福の睡眠”が取れることにこしたことはありません。

    HEAVENLY NIGHT ♪

これをキープするにはちょっとした条件があります。と言ってもとても簡単!
ぃぇ、人によっては簡単じゃないかもしれません...。ゴメンナサイ 

  1.おひとり様で寝ること。(睡眠を邪魔されないため)
  2.上質な羽毛布団であること。(羽根布団ではなく)
  3.パジャマを着ないこと。(でも、裸はちょっと...)

これは悪魔...ぃぇ悪までownerの”ぬくぬく”の条件ですから、
ご了承くださいませネ。ちなみに...owner愛用の羽毛布団は、
Made in West Germanyのハンド・ピックのダウンのようです^^




そうそう、実は今回はこのようなアンケートを仕込んでいました。(12/29作成)

このアンケートを作ろうと思ったのは、イギリス在住(今も?)マークス寿子さんの
「盛りをすぎてもへこたれない国 イギリスに学べ」の中にあったこんな文章から。

第三章 ダイアナとカミラ・・・日本では、欧米の夫婦はダブルベッドで寝ると考えて
いるようだが、これは戦後日本に入ってきたアメリカ式の考え方であって、イギリス
ではダブルベッドに夫婦が寝るのはベッドが一つしか買えない人のやること。(中略)
貴族や上流社会の人たちになると、多くはベッドは別である。それどころか、寝室も
別々にすることも多くある。そうでないとゆっくり休めないからだ。夫婦それぞれが
別の生活になると言うのは当たり前のことと考えられている。・・・・・・P94より
 (それで、いつも一緒にいたいと願っていた幼いダイアナ妃との亀裂が?)

そこで、今回の上京の際に集まった知人達にこれを投げかけてみた。もちろんお酒の場で。
そしたら驚いたことに賛成が多かった。もちろんownerも以前から賛成派なわけですが、
その中に、「私の生まれたところでは夫婦は玄関を入ったところから別室のようなもので」
という人も現れた。これにはちょっと驚いてしまったが、なるほど!と妙に納得してしまった。

そこで他の人にも聞きたくなり、つい。 この気持ちおわかりいただけましたでしょうか(笑)。  



*前回の 「もし、自分の口座に20億円程あり、余命10年以内だとしたら?」
  もかなり関心をお持ちいただいているようです。開設10日余りで22投票がありました。
  ご参加いただき、ありがとうございました。結果にご興味のある方は⇒ コチラから。
 



それでは、どなた様もこの年末年始は心地よい”ぬくぬく”でお過ごしください♪


◆ photo・・・新丸ビル1F The passage Zone 12/22撮影




こちら→click
にほんブログ村・写真ブログ[携帯写真]
  

 
仕事があるのに眠たくなったら

ここからもポチッと応援できます♪
                       

人気ブログランキングへ行きます♪
  そのまま寝ちゃうのも良いかも♪063.gif ↑YES?

[PR]
# by madame_oco | 2008-12-30 23:47

サンタ苦労す(大汗)。


*     *     *     *     *     *     *     *     *

   ―HAVE A VERY HAPPY CHRISMAS ☆彡―

*     *     *     *     *     *     *     *     *


クリスマスのこの時期は、いろいろとご苦労が多い方もいるかと思います。
それで、みなさんへはこんなものを贈ろうとちょっと汗水流してみました(笑)。
実は...このメッセージカードは手書きなのですが、なかなか上手く書けず、
何度かやり直しやっと出来上がったものです。「サンタ苦労す(大汗)」です^^;

汗水流した*手書きFLASH版(こちら⇒写真をclickしてもOK)*も見てやってください。
書いている様子(あくまで雰囲気)が味わえます。それと、Marunouchiの雰囲気も♪

そうそう、忘れるところでした! cafeのライティングも(本日)全部点灯したところで、
サンタさんから21日にお預かりしていたものを...

                          



                          

サンタさんも、(人生の)贈り物にはだいぶ苦労されているようですね(笑)。 

 

◆ photo・・・


こちら→click
にほんブログ村・写真ブログ[携帯写真]
  

 
世界の片隅でこっそりサンタさんを待ちながら
ここからもポチッと応援できます♪
                       

人気ブログランキングへ行きます♪
  サンタさんからもプレゼント!?☆彡063.gif ↑ポチッ

[PR]
# by madame_oco | 2008-12-25 23:57

大人、ときどきこども
d0085752_1655167.jpg

 ◇ 先日の「暗号を解く・・・4946とくれば? 」の答えを追加UPしました♪ ◇ 

今回は、ココだけのお話。ナイショにしておいてくださいね、約束ですよ^^。実は...



大好きな王子さまがイギリスからやってきました(笑)。それもAmazon.jp経由で。
前回のアメリカに引き続き、U.K.から出品されていたもので、送料が340円。
合計で1000円かかりませんから、国内並みのお安さで、またまたビックリです。
それにしても海外の郵便はどんな仕組みなんでしょう? とっても不思議...

そんなわけで、大人⇒ときどき子供に戻り、絵本を読むのも好いかもしれませんね。
それでは、今宵は大好きなグルミットと一緒に過ごしたいと思います!!ご一緒に~♪



◆ブログ内関連記事・・・La・La・La・来♪  2008-5-27 UP


◆ photo・・・左上:車用芳香剤 右上:お財布  いずれも日本で入手・未使用。


それではどなたさまも、素敵な週末をお過ごしください☆彡 GOOD NIGHT!  


こちら→click
にほんブログ村・写真ブログ[携帯写真]
  

 
世の中大変なことばかりだけど
ここからもポチッと応援できます♪
                       

人気ブログランキングへ行きます♪
  たまには子供にもどろぉ~♪なのです063.gif ↑YES?

 



      Wallace and Gromit with ”Bohemian Rhapsody(QUEEN)”    YOUTUBE   06:08
                
[PR]
# by madame_oco | 2008-12-20 23:36

今年のクリスマの予定は?
d0085752_22361157.jpg

不景気の成果(?)...ぃぇ...せいか、クリスマスを取りやめる人もいるのでは?と
思ったりしておりますが。  まぁ...それも好いかもしれませんね☆彡
メタボなLIFEをちょっとタイトに♪


このcafeの天井(上ヘッダーの写真)も、今月に入り3回ほど変えたりしました(笑)
ほとんど変わっていないかのようですが、クリスマスに向けちょっとずつ点灯しています。
そんなことをしながらも、クリスマスを1週間後に控えこんなアンケートを作ってみました♪
  

d0085752_1053322.gif
実は...cafeからもタワーが見えるのです☆彡



                          

◆ photo・・・普段使っているマウスと
        お気に入りだったdiaries(只今休刊)という雑誌。
        左上に見えているお酒はモチロン!本物ではありません★
        ・diaries (ダイアリーズ) 2008年 10月号 P150・151


             Amazonへ ←コチラもおすすめ☆



こちら→click
にほんブログ村・写真ブログ[携帯写真]
  

 


ここからもポチッと応援できます♪
                       

人気ブログランキングへ行きます♪
        063.gif ↑

[PR]
# by madame_oco | 2008-12-17 23:37 | ◆ちょこっと投票

《12/20追記》暗号を解く・・・4946とくれば?
d0085752_17235429.jpg

今回はコーヒー片手に頭の体操をしてみましょう。暗号を解読してお答えくださいネ。
暗号といっても数式を使っては答えることができません。わからないと悩んでしまった
人は、いろいろな道具を使ってみてください。それでもわからない、面倒くさいという人は、
推理するか、ご自分がいつも読んでいる新聞のところをポチッとしてご参加ください♪
心づけのポチッ!も大歓迎で受け付けております。 (面倒をおかけします...^^;)








《12/20・・・追記》 4946といえば...実は日本経済新聞でした。
            ちょっと難しかったかもしれませね。ゴメンナサイ^^;
d0085752_0483942.jpg

この写真は痴呆症に取り組んでいる病院の院内に設けられ「昭和」の町並みだそうです。
そこには駄菓子屋さんや郵便局などもあり、昭和初期の漫画もあるようで、なんだか楽しそう。
この「思い出療法」というユニーク治療に取り組んでいるのは、千葉市郊外にある
総泉病院というところ。「認知症の人は新しく覚えることは難しくても、昔の記憶は鮮明で、
楽しかった時代を思い出すことが、現在のを生きる活力なる」とはこの治療法を考案した
高野喜久雄・ウェルエイジングセンター長の弁。・・・なるほどです。楽しく治療できるのですね。
ownerが(カワイイ♪)おばあちゃんになった暁には、どんな昭和が待っているのでしょうか?
なんだかちょっと楽しみになってきました♪ 


◆ photo・・・喫茶店にて。写り込んでいるのは?


こちら→click
にほんブログ村・写真ブログ[携帯写真]
  

 
風邪をひきそうになっても
ここからもポチッと応援できます♪
                       

人気ブログランキングへ行きます♪
  マスクはサイズを合わせてネ063.gif ↑YES?

[PR]
# by madame_oco | 2008-12-12 18:17 | ◆ちょこっと投票

命の贈り物?
d0085752_08158.jpg

またまた「偶然なのか?必然なのか?」という本をちょっとだけご紹介いたしますネ。
今回も図書館の本棚で、呼び止まられてしまいました。目的は別のものだったのに。

ただいま・・・医系技官後藤新平・・・に関する本を立て続けに読んでいる最中です。
もちろんこの場合、cafeだからといって「モナカ」ではありません。「さいちゅう」です♪
それで、今回(近くの図書館にはないのでその上の図書館に)注文しているのが、
   大風呂敷―後藤新平の生涯     
  決定版 正伝・後藤新平〈1〉医者時代―前史~1893年
  往復書簡 後藤新平‐徳富蘇峰 1895‐1929
です。これらを待っている間に、と思い棚を眺めていたら、目があってしまいました(笑)。

実はもう一冊ありました。メモしていたのですが、まさかあるとは思わなかったので、
あえて探すこともしなかったのに、そのすぐ近くの棚で目が合い...。といいましょうか、
向こうから要求してきました。「私も読んでネ♪・・・絶対!」といわんばかりに、です(汗)。
それが 16歳のセアラが挑んだ世界最強の暗号 です。
さてさて、これらが隠し持っている(であろう)暗号はいかに解けばよいのでしょうか?? 
と考える前に、ひとまず興味を引かれた本の一部をご紹介させていただきます。
それでは、コーヒー片手に今夜もお付き合いくださいませネ^^




― Spare Parts : Organ Replacement in American Society ―

Amazonへ


ここには、「臓器移植」へと踏み出した日本が今後、直面する問題のすべてがある。

臓器置換大国アメリカを、30年以上にわたり見つめ続けた研究者が、
医師・病院関係者、患者・家族の実態をその内部から描き、問題点をえぐりだす。

患者・家族の命への願い、「医学の進歩」へのあくなき追求が、
人間の生、社会にもたらしたものはなんだったのか?

                                        書籍帯紙より


『臓器交換社会』
 

序論 人間を改造する

 第1部 臓器移植-1980年代の傾向と論点

  第1章 驚異の薬と移植「ブーム」、そして中断
  第2章 贈与交換としての臓器
  第3章 贈り物という主題の変質
  第4章 移植と医療共有地

 第2部 シャービック型人工心臓実験

  第5章 危険な賭の装置-シャービック型人工心臓史
  第6章 「アメリカ製」
        シャービック7型人工心臓の盛衰のなかのアメリカ的特長
  第7章 誰が監視者を監視するのか

 第3部 参与観察者-最後の旅
  第8章 フィールドを去る

解題 <アメリカの現実>から<日本の近未来>を考える 本文より 以下一部抜粋


( 中 略 )


 臓器移植に賛成する人も反対する人も、「移植医療」(と「臓器交換社会」)について
抽象的に是非を論じるのではなく、まずは現実を知り、なによりも具体的に考えてみる
ことが必要でしょう。具体的に考えるための教訓、それが本書です。また、移植医療は
たんなる治療技術にとどまるものではありません。医療全体や医療制度、文化の縮図
でもあるというのが、本書のメッセージです。本書を日本の公共的議論の場に送り出す
ことによって、医療と制度と文化全体をめぐる議論が活性化することを願ってやみません。

*     *     *     *     *     *     *     *     *

( 中 略 )


 本書は、医療の技術革新のフィールドへの決別の書です。何が彼女達を決定的に
そうさせたのでしょうか。1980年はこのフィールドが拡張し拡大した時期です。臓器
移植の爆発的な前進をもたらした「奇跡の薬」シクロスポリン(あるいはサイクロスポリ
ン)や、これに代わるFK506の登場。医学の進歩の名の下に、これらの革新に対する、
手放しの熱狂・楽観から「中断」をへて落胆・終息・忘却へという「傾向」の繰り返し。
これに振り回され、苦しめられる患者や家族。他方では、まともな最低限の医療さえ
受けられない大量の人々。こうした状況をさらに加速するアメリカのヘルスケア・
システムや、アメリカ社会の文化の価値・信念の体系(この文化の関与が極端な形で
現れたのが、とりわけ人工心臓実験でした)人体そして人間の生に対する「商業化」と
「生物学化」の蔓延。結局、「死すべき存在」という人間的条件を忘却し、
「進歩」にブレーキをかけられないような、「限界」をもたない文化に対して、彼女たちは
決別したのです。

 著者たちは医療技術の進展(とこれを支えるシステムや価値)に批判的ですが、けっ
してそれを否定しているわけではありません。私自身も同じ立場です。移植医療の問題
点を明確にした上で、一つ一つ具体的に対応しながら「限界ある医療」として受け入れて
いくのが望ましいと考えています。
 ところが、「臓器交換社会」への道を今歩き始めた日本では、何が問題なのかという点
がぼやけているようです。「命の贈り物」、「命のリレー」、「愛のプレゼント」などと美名で
自己満足し、そこで思考が停止しているように見えます。こうした事態をもたらした要因の
一つが、「脳死」への関心の過度の集中であると考えています(むろん、「脳死」が問題で
はないということではありません。誤解のないように、たとえば、第3章をみてください)

     ― Spare Parts : Organ Replacement in American Society ―





◇サイト内関連記事・・・ Re:Genesis-感染- 『ドナービジネス』 2007/08/06 UP

               -心臓移植の条件-(全2)
                   『医の心』 (心臓外科医 榊原仟 著)より 2007/04 UP



◆ photo・・・本と雑誌広告(背景)


こちら→click
にほんブログ村・写真ブログ[携帯写真]
  

 
世界の片隅で難しい問題を考えながら

ここからもポチッと応援できます♪
                       

人気ブログランキングへ行きます♪
  人間はハートが肝心なのですネ063.gif ↑YES?

[PR]
# by madame_oco | 2008-12-10 00:24 | ◇ ちょっと医療な本

対極を愉しむ二元連立方程式の時代・・・夢vs.現実
d0085752_12522370.jpgd0085752_12525520.jpg
ニッコニコ顔の三日月とお星様⇒      

一昨日の18時ごろ、偶然にも見ることができました♪
まさに夢と現実が重なったような現象に、プライス・レスな幸せ気分でいっぱいに☆彡
でも...あまりにも暗くて携帯のカメラでは三日月と★ひとつしか写りませんでした。
この幸せ気分をおすそ分けしたかったのに、とても残念です。ゴメンナサイ...

では、気をとり直しまして^^;...

今回は、まだ現時点ではほとんどネットには出てきていないようなので、
前ソニー最高顧問、元ソニー会長兼CEOの出井伸之氏の言葉の一部を
取り上げてみましょう☆彡。 和菓子...ぃぇ、我が(心の)師P.F.ドラッカーの
『ネクスト・ソサエティ― 歴史が見たことのない未来がはじまる』を偲びながら、
コーヒー片手に楽しんでいただけましたらownerの喜びと感じます♪ それでは、

GOETHE 1 January 2009 対極を愉しむ 第34回 夢対現実 より   

対極とは何か? その奥深さを愉しむ。第34回は、金融危機をめぐって見えてきた対極

恐慌やバブルの後に歴史で何が起きたのか...


( 中 略 以下一部抜粋)


かつての日本のバブル崩壊は、閉じた世界の出来事と言ってよかった。だが、今回は
そうではない。震源地のアメリカ自身が何が起こっているのかを理解できないほど、
世界に余波が広がり、大規模な混乱をもたらしている。・・・・・

今回の危機の演出に一役買ったのは、ヨーロッパでもアメリカでも歴史上何度も
繰り返しきたバブルを、性懲りもなくまた繰り返したこと。・・・・・

そしてもう一つ、人間が繰り返してきたのが、戦争だ。忘れてはならないのは、
恐慌やバブル崩壊のあとに戦争が起きていた、という歴史である。・・・・・


以前と違うの点は、最新金融工学に基づいたリスクヘッジを、リスクのカバーではなく、
利益の極大化に使われたことだ。・・・・・

 
この人間の危ない習性に、世界は十分に気をつけなければならない。


今の連続線上に新しい時代はない 


 現在は20世紀的な秩序の終焉と、21世紀秩序の始まりの重なりの時期。僕らはいろいろ
な場でこう言ってきたが、まさに今回の金融危機は20世紀的な秩序の総括だったのではな
いかと思っている。そして今は次の秩序ができるまでの混沌としたカオスの状態と言える。

 ここで見誤ってはいけないのは、カオスの先にある道は、古い時代から連続して続く道では
ない、ということだ。量子物理学の世界では、あるエネルギー位置からあるエネルギー位置
に変わるときには必ず断層がある。そこがカオスになり、ここで生まれるジャンプこそが、クオ
ンタムリープ=非連続の飛躍である。21世紀的な秩序とは、まさにそういうもの。まったく新し
いものが生まれてくるのだ。昔地球に隕石が落ち、恐竜が絶滅してカオスの状態となり、その
後多様な哺乳類が生まれ、今日の繁栄を築いているように。

 したがって、20世紀的な秩序の延長上で発想していたとしたら、実はうまくいかない。
 世界は、このジャンプのメカニズムを理解して行動しなければならない。

 これからしばらくは厳しい時代になる。もっとも大きな影響を被るのは中流階級である。体力
のある大企業は生き残れても、体力のない中堅企業やベンチャー企業には試練の時代にな
るかもしれない。まず生き残ることを考えなければならないだろう。だが一方で、それだけでは
真の21世紀には進めない。僕はそう思っている。


 リーダーに必要なのは二元連立方程式 


 言ってみれば、今は山で遭難している状態だ。もちろん生き残ることは大事。だが、それだけ
でいいのだろうか。生き延びた先に何が待っているのか、未来を考えることが大事だと思う
のだ。言ってみれば、現実と夢の両方を思考するのだ。

 これからのリーダーは、二元連立方程式を常に頭に入れておく必要がある。生き延びるた
めの手段を考える方程式と、生き延びたあとの未来の夢を構築する方程式だ。前者だけでは
21世紀の最後の勝ち残り戦を戦えない。両方がなければならないのだ。
 そして解はひとつではない、ということにも留意する必要がある。いろいろな解を準備してお
いたほうが良い。恐竜時代の後に哺乳類が出たように、変化の後に何が起きるか、まだ誰
にもわからないからである。

 難しい時代がくる。だが一方で、歴史的な面白い時代が来る。これまでとはまったく違う秩序
や価値観が生まれる可能性があるのだ。ビジネスの世界でも、生き残った新興企業や新しい
発想を持った企業には、大きなチャンスが生まれるだろう。

 危機が起きたとき、人は思いもよらない行動に出てしまうことがある。ネガティブな行動や、
自らを陥れる行動だ。これもまた人間の習性かもしれない。逆にいえば、危機のときこそ人間
は真価が問われるのだ。目の前の困難にも慌てずに現実を直視し、一方で夢を語る。
リーダーには、そんな”対極”の姿勢が問われている。


★出井氏のおすすめ品・・・「Superpen」 イスラエルのWIZCOM社製。 230USドル。
                 ドバイへの出張に向かうエレミーツ航空の機内販売で、
                 ずっと探していた逸品を発見。キーワードスキャナー。
                 本を読んでいて気になる部分をスキャンすれば、データ化し
                 PCに取り込める。 

                 Amazon.co.jpに日本向けのものがありました。
                 それも英和辞典、和英辞典、国語辞典の3辞典を搭載した
                 優れもののようです。 by owner



歴史は循環する。だがもとの位置に戻ったかに見えても内容はより高次のものとなる。
それは螺旋状に動く。
  - 『断絶の時代』 THE AGE OF DISCONTINUITY - Peter F.Drucker



 ◆GOETHE (ゲーテ) 2009年 01月号  ownerおすすめページ

   ◇村上龍 「金融不安と大不況」

   ◇スティーブ・チェン YouTube共同創業者兼最高技術責任者
          「 新たなるプラットホームの構築こそが"仕事"の醍醐味」

   ◇巻頭特集
          「日本を動かすキーマンの運命を握るのは・・・・・秘書?」
           仕事バカ!を生かすも殺すも秘書次第!

   ◇総力特集
          「ゲーテ」レストラン大賞 GOETEASTE 2009
           24時間仕事バカ!ならではの店選び P82~P131             

   ◇Champagne de Kanpai
          特別な日のための特別なシャンパン
          Dom Pérignon Vintage 2000 をはじめ16本の銘品図鑑

   ◇山元大輔 東北大学大学院教授 行動遺伝子学
         「脳はウソつかない」

   ☆別冊付録 GOETHE WOMAN ART and LIFESTYLE
         アートと人生。アートと暮らし、アートと女性


◆ photo・・・仕事中♪ お気に入りの椅子とのコラボです(笑)

こちら→click
にほんブログ村・写真ブログ[携帯写真]
  

 
世界の片隅で素敵なリーダーを見つめながら
ここからもポチッと応援できます♪
                       

人気ブログランキングへ行きます♪
  もしかしてこのブログも対極?063.gif ↑YES?

[PR]
# by madame_oco | 2008-12-03 13:23

チームバチスタからリスク感度
d0085752_14135349.jpg

このごろではもっぱら隠れ家cafeとの誉れ高い(?)声も聞こえてきそうな
当ブログでございますが、遥々お訪ねいただきありがとうございます♪

実は...きょうも「チームバチスタの栄光」を見てしまいました(笑)
それで以前から聞いてみたかったことを思い出しました。

それではコーヒー片手に、早速リスク感度を探ってみましょうね♪

さて、リスクがあるのはどっち?

   A 以前食べたことがあるお店でまた食事をする
   B 雑誌に載っていたレストランではじめて食事をする

この場合Bと答える人が多いと思います。
Aはもう味を知っているのでリスクが低いと考ますね。

では、これはどうでしょう。

                


                

この問題をブログランキングの「投票」という小道具で作ってみました。
お付き合いいただける方は軽~く頭の体操にポチッとしてみてください。
これはブログパーツにもなっているようなので、お持ち帰りもOKのようです。
 (ポチッとすると結果の他に、ブログに貼れるタグがあるようです)

ご挨拶やコメントをいただけるのでしたらこのページ下の欄でも結構です^^
答え(?)はこの週末にコメント欄に置きたいと思います。それではお楽しみに


◆ photo・・・
誕生日プレゼントを包む包装紙がなかったので、思いつきで、
  P505is 処分しようとしていた雑誌の切抜きで作ることにしました(笑)。
        全部で5ページ使用。よく見るとGUCCIが入っていますね。
        グッチーといえば、「チーム・バチスタの栄光」不定愁訴外来担当・・・通称
        愚痴外来の田口先生。意図したわけではなかったのですが、こんなことに。


こちら→click
にほんブログ村・写真ブログ[携帯写真]
  

 
世界の片隅でTVを見ながら
ここからもポチッと応援できます♪
                       

人気ブログランキングへ行きます♪
   コピ・ルアクを知っていますか!?063.gif ↑YES?

[PR]
# by madame_oco | 2008-11-25 23:56 | ◆ちょこっと投票

医療界に存在しなかった最高のマネジメント手法
d0085752_853467.jpg



医療の質と経営向上へトヨタ式

米病院「カイゼン」奏功


米北西部ワシントン州シアトルにトヨタ自動車の生産方式を導入し、医療の質と経営の改善を
進めている病院がある。バージニア・メイソン・メディカル・センター。全米でも屈指の評価を
受ける同病院の強みは、ちいさな「カイゼン」の積み重ねだ。日本が誇るトヨタ方式は米国で
病院版として洗練され、逆輸入される日も近づいている。

 「これも『カンバン』方式の一例です」。九月にオープンしたばかりの同病院の新手術棟。
設計段階からかかわったロビー・ビショップ医師が手術室の備品棚を指しながら説明する。
 注射器やガーゼなどの備品を入れたケースの棚板は斜めに傾き、取り出すと残りの容器が
にずれて、補充が必要な品回や個数が一目で分かる。しかも、備品の補充は手術室に面して
ない外側からできるため、学術室をクリーンに保つことができる」(ビショプ医師)など、安全面
にも配慮している。

 「必要な時に必要なものを必要な量だけ」というこうした工夫は、実際に日本を訪問し、トヨタ
の工場を視察した病院職員らの提案によって実現した。手術棟ロビーのモニターは患者名を
番号に置き換え、待機中や手術中など状態がリアルタイムで分かるよう表示。患者や家族が
長時間待されることはなく、職員も効率的に動ける。

- 工場への視察団 - 


 トヨタ方式との出会いは2002年にさかのぼる。ゲーリー・カプラン院長兼最高経営責任者
(CEO)によると、病院役員の中に偶然、トヨタと関係があった米航空機メーカー大手ボーイン
グの元社員がいたのがきっかけだったという。カプラン氏は「メイヨー・クリニックなど米国の
優良医療機関を訪ねたが、質と安全、経営を包括する最高のマネジメント手法は医療界に
存在しなかった。だから業界の外を探した」と当時を振り返る。

 これまでに計9回、院長や幹部以下三十人前後の視察団を組んでトヨタの自動車工場や
トヨタ方式を採用した他社の工場を見学、病院の運営に取り入れてきた。
 導入当初は懐疑的だった職員たちも、視察の成果が出るにつれて見方が変化。カプラン氏
は「視察に乗り気でなかった医師が『人間は車ではないが、多岐にわたる病院業務の85%
は車造りと同じだ』と言って賛成してくれた」と語る。トヨタ方式が畑違いの医師や看護師らを
納得させたのは「付加価値を生まない無駄の削減」という大原則だった。

 内科病棟に設置された「フロアーステーション」はその一例。廊下沿いの簡易デスクに医師と
看護助手が並んて座る。以前は医師の個室に助手が届けていた書類や伝言などを、患者を
診察するごとに両者が確認する方式に改めた。記入ミスや予約の間違いなどが減ったほか、
医師が深夜まで書類整理に追われ残業代がかさむ悪循環が解消され、内科部門は約30年
ぶりに黒字に転じた。

 05年には、看護技能が不要な仕事は他のスタッフに任せ、小規模な詰め所の数をふやし
て看護師が近くの患者だけを診るシステムに変更。看護が患者に接する時間は勤務時間の
35%から90%超に増え、手厚い看護が可能になった。小さな工夫が生む"利子"も積もれば
山となる。同病院によると、残業代は一年で約50万ドル削減。病室や検査室、備品倉庫など
を効率的に配置することで、設備投資は約千百ドル(10億円強)も節約できた。

- チームを表彰 -
 

 安全への取り組みは不幸な医療事故により、一層強化された。04年、女性患者がエックス
線撮影時に造影剤ではなく消毒薬を注射され、死亡した。病院側は遺族に謝罪して和解、
安全対策強化を約束した。遺族の意向を受けて女性患者の名前を冠した「患者安全賞」を
創設、評価すべき対策に取り組んだ院内のチームを表彰している。事故は容器の表示や
薬剤の取り扱い方法を見直し、コンピューターによる処方の誤りを「事実上ゼロ」(同病院)に
減らした。昨年には、成功のうわさを聞きつけた英国の公的医療制度(NHS)の幹部も同病
院の日本視察に同行したという。

 毎週金曜の昼過ぎ、同病院では各部門の「カイゼン・チーム」が取り組みを発表する会議が
開かれ、院長以下百人前後が多忙な業務の合間を縫って参加する。カプラン氏は「トヨタが
示したように質の向上と経営の改善は相互に矛盾しない。私がカイゼン活動をやめると言え
ば、病院職員は反乱を起こすかもしれない」と笑う。 日本の工場ではぐくまれた改善の種は、米国の西海岸の病院にもしっかりと根付いたようだ。
         (ニューヨーク=中村博之)  日本経済新聞 2008年11月23日(日曜日)より



 - MANAGEMENT CHALLENGES for THE 21ST CENTURY - Peter F.Drucker

        変化は、つねに組織の外からやってくる

これはピーター・F・ドラッカーの『明日を支配するもの』(1999年)に書かれているもの。
下記もその本文より。(p171~p173)


病院でも、患者が意識不明に陥ったような緊急時には、
看護婦が行うべきことはあらかじめプログラム化されている。
しかし、通常、患者の面倒をみるか、書類に取り組むかを決めるのは
看護婦自身である。

知識労働者の生産性向上のための最初に行うことは、
行うべき仕事の内容を明らかにし、その仕事に集中し、
その他のことはすべて、あるいは可能なかぎりなくしてしまうことである。
だがそのためには、知識労働者自身が、仕事が何であり、
何でなければならないかを明らかにしなければならない。
それができるのは知的労働者自身である。知識労働者の生産性向上を
はかるには、知識労働者に対し、行う仕事は何か、何でならなければならないか、
何を期待されているか、仕事をするうえで邪魔な事は何か、
を問うことが必要である。

これはある大病院で、看護婦達にこの問いかけを行ったところ、
実際に起こったことだった。仕事は何かとの問いかけに対する答えは、
大きく二つに分かれた。一方は患者の看護と答え、一方は医者の補助と
答えた。ところが、生産性を邪魔しているものについては、全員の答えが
一致した。書類書き、花生け、電話への応対など、彼女たちが雑用と言っ
ているものだ。

それらの雑用は、看護婦よりも給料の低い病棟事務員に任せることができた。
そこでさっそく、看護婦達の生産性、すなわち本来の仕事に使える時間は
倍になった。患者満足度も倍以上になった。それまで絶望的に多かった
中途退職者が激減した。これらのことはすべて、わずか四ヶ月間に起こった。

 - MANAGEMENT CHALLENGES for THE 21ST CENTURY - Peter F.Drucker

★ ピーター・F・ドラッカー『プロフェッショナルの条件』(2000年)
 -日本の読者へ モデルとしての日本人- もご覧になることをオススメいたします^^ 


★関連エントリー

   ◇ちょっとドラッカー こちら⇒ (全5 2008年11月現在)

   ◇ブライアン看護婦の原則 こちら⇒

◆ photo P505is・・・この写真は別新聞記事のものです。




こちら→click
にほんブログ村・写真ブログ[携帯写真]
  

 

世界の片隅で新聞を横目で見ながら

ここからもポチッと応援できます♪
                       

人気ブログランキングへ行きます♪
  もしかしてこのブログも「KAIZEN」が必要!?063.gif ↑YES?

[PR]
# by madame_oco | 2008-11-23 23:10

潤い
d0085752_232777.jpg

ついこの頃まで(ぃぇ...昨日も)紅葉を楽しんでいたというのに、
今朝は水たまりが薄氷で覆われていました。もう冬なんですね...。

ちょっと気が早いのですが、背景を冬の定番クリスマス・バージョンに変えてみました。
信心があるわけではないのですが、もう生活の一部、年中行事のようなものでして。
「なんだかなぁ...」と思われる方もいるかもしれませんが、お付き合いくださいませネ♪

冬の季節は皮膚からもだいぶ水分が失われるということで、
夏よりも水分補給が必要だとも言われているようです。でもね...
体は夏のようには水分を欲しがらない(要求しない)感じがして、
口から水分補給というのがいまひとつピンとこないのですよね。

でも、お肌への水分補給は必要ですね。必須だと感じました。
なので、ただ今お肌に水分を補給しながらcafeで寛いでいます♪ 

このお休みは、お肌には水分を、心には美を補給してみてください。潤潤♪

ということで、今回は目を潤わす(はずの...^^;)オレンジ色のブーケの写真を
店内に置いてみました。お花はいずれのテーブルでもスポットを浴びていました。
キレイですね。でも、もう少し季節感があっても良かったかも...残念。

それではどなたさまも素敵な週末(連休)をお過ごしください☆彡

あっ!!お仕事の方は、もちろんんコーヒー片手に潤ってくださいネ

心が潤えば.....財布も潤うかも♪♪ ←祈っております^^



そうそう、いつもこそり応援いただいている方へ  ありがとうござい鱒(!?...ぃぇ)ます☆彡 

 人気ブログランキング参加中♪ 

こちらも参加中♪
こちら→click
にほんブログ村・写真ブログ[携帯写真]




ここからもポチッと応援できます♪
                       

人気ブログランキングへ行きます♪
それでは素敵な週末をお迎えください
063.gif ↑ポチッ♪
[PR]
# by madame_oco | 2008-11-21 23:56

Breakfast at ・・・・・
d0085752_7461275.jpg



おはようございます。きょうはみなさんを朝食にお招きいたしましょうね♪ 
珍しく早起き(at 5:30)した(しなくてはならなかった^^;)ものですから。

実は今回もお土産をいただきました。ちょと勢ぞろいさせてみましょう。
 

     ・北海道産地直送クロワッサン(天然酵母使用) お土産

     ・ライ麦くるみパン(自家培養天然果実酵母) owner手作り!・・・ではアリマセン^^;
          くるみ・白ぶどう・ライ麦粉・オリーブオイル,e.t.c....

     ・ハムとサラミ・・・朝食の3種の神器(?) おすそ分け♪

     ・ボンヌ・ママンのマロンクリーム・・・ Bonne Maman Chataigues
          普段は白と緑のギンガムチェックのCompote Abricots♪ 

     ・WHITTARD of CHELSEA (English Rose flavured leaf tea)
          毎年いただいている英国土産 今年の物は不出来なのでしょうか?
          いつもより香りがありません。それとも...お水のせい!?

     ・ゆで卵 with "SEL FIN de CAMARGUE”(カマルグ産塩)←コレは自腹♪
          Quick Egg Boiler for the MICROWAVE OVENで茹でました。
          楽しいお土産です。あらぁ!?この水かきはアヒルさんでしょうか?

     *上に見える白とグレーの物は卵に穴を開けるもの。これも英国土産です。


実は足りないものがあります。
     それは★ Tiffany製のフォーク&ナイフ♪ ★でしょうか?(笑)
  ↑インスタントくじの要領で見れます♪



・・・やっと太陽が昇ってきました。きょうは素敵な1日になりそうです☆彡(三文の得?) 


 そうそう、人気ブログランキングの順位も昇ってくるといいなぁ♪ 

こちらもあります。
こちら→click
にほんブログ村・写真ブログ[携帯写真]






世界の片隅で素敵な笑顔を見つめながら

ここからもポチッと応援できます♪
                       

人気ブログランキングへ行きます♪
   それでは素敵な1日をお迎えください063.gif ↑ポチッ♪



*~ Moon River ~*

                                YOUTUBE   2:00
                   
[PR]
# by madame_oco | 2008-11-18 08:54 | ◇ こころのデザート♪

大切な秋(とき)
d0085752_15582282.jpg
湧く湧くなひと秋(とき) 
 

 秋っていつまでなの?・・・と思うことがあります。
 立冬を迎えたら暦の上ではもう冬なんですものね。
 ちなみに、
 暦の上では立秋から立冬の前日までを、
 天文学では秋分から冬至までを秋というのだそうです。
 
 立冬も過ぎているのに紅葉が綺麗な今の時期は、
 もしかしたら天文学でとらたほうがよさそうですね。

 今日は"真っ盛り!"という絢爛豪華な秋の日でした。





d0085752_1652173.jpg
  今日は七五三だったのですね。お参り姿をちょっと拝借!



危急存亡の秋(とき)にある日本には↓コレが大切かも...
d0085752_155587.jpg
 

2ヶ月ほど前から算数・数学で頭の体操をしています。(成果の程は内緒デス♪)
本屋さんで偶然見つけた中高一貫校用検定外教科書。解りやすくてビックリです。

今まで「答えがあっていればいいのでは?」と思っていたことが、
「問題と対話し、解答に至る道筋をきちんと書く(考える)」ことが、
今頃ですが、とても大切だということがわかりました。
TVは「悪」という方もおありでしょうが、これもドラマ「雪の女王」のお陰です

今、多くの大人や子供にこの数学的思考(よく考える)が足りないのでは?
と考えたりしていて、算数や数学が苦手という人にお薦めしています

 ★photo1・・・湧く湧くなひと秋(とき) : 散歩途中に立ち寄った神社にて

   photo2・・・祈る秋(とき)七五三 : 同 上

   photo3・・・危急存亡の秋(とき)に :        
 全P505is  ・中高一貫教育をサポートする体系数学2 代数編―中学2、3年生用 
         ・-日本一やさしい算数の授業- 2008/11月号 [雑誌] 



しかしどうしたものでしょうね、相次ぐ明治開学の伝統校生たちの大麻事件。
人生の中でも大切な時を賢く過ごしてほしいと願う創設者も、さぞお嘆きのことでしょう。
今日は七五三。いつも子供の成長を祈っている親ごさんの心を思うと...


人気ブログランキング★へもお参りください。何か良いことがあるかも 




ここからもポチッと応援できます♪


 実りの秋(とき)、収穫の秋(とき)、香しい秋(とき)、

 どなた様も大切な秋(とき)をお過ごしください★彡♪


                       

人気ブログランキングへ行きます♪
   冷えた心もコーヒーで温めて063.gif ↑


にほんブログ村・携帯写真ジャンルへGO→
にほんブログ村・写真ブログ[携帯写真]

はじめてみました

[PR]
# by madame_oco | 2008-11-15 18:20

夜の調味料 
d0085752_0441099.jpg


珍しく今夜もUPいたします。連夜の投稿は今までなかったのでは?
今となっては自分でもわかりません。案外適当なもの(者)です^^;

本当は「夜のお菓子・うなぎパイ」を何十年かぶりに口にしたので(頂いたので)、
それをUPしようと思っていたのですが、画像保存するのを忘れたようです。
そんなところへ、本日、大阪のお土産ということで頂いたものを急遽パチリ。
この画像となった訳です。でも・・・なんだか面白い組み合わせじゃない♪
だって「新一」に「新地」よ♪♪・・・と思っているのはきっとownerだけでしょね^^;

このお題の「夜の調味料」とは、お菓子の袋の片隅に印刷されていた言葉です。
ひとりクスッときちゃいました。このお菓子、鰻の粉が入っているようです。
でも「夜の調味料」というのは鰻の粉を指して言っているのではありません。
にんにくのことだそうです。なので、この餃子も夜の調味料入りということで、
一件落着です。みなさんの心も収まりがつきましたか?(納得いくはずがない?)
お忙しいところ、怪しい題(タイトル)にお付き合いいただきありがとうございました^^

ちょっと甘辛な「人生の調味料」・with coffeeから今夜もお届けいたしました☆彡

そうそう、このところownerの「夜の調味料」は本なのですが、
みなさんの「夜の調味料」はいかがなものでしょう。ちょっと気になるところです♪

それでは、きょうはこの辺で.....    おやすみなさぃZzz



人気ブログランキングにてお待ちしております♪
 

  
                                     

                 ここからもポチッと応援できます♪
                       
               
                  人気ブログランキングへ行きます♪
                  人生にも調味料を一振り063.gif ↑ポニョっとね♪
[PR]
# by madame_oco | 2008-11-14 01:34 | ◇ こころのデザート♪

ここへ来るまでに・・・・・
d0085752_1424966.jpg

真夜中のcafeよりお届けします。もちろん世界の片隅からこっそりと(笑)

このブログも今月で3年目を迎えました。まぁ~いろいろありました(苦笑)
独りきりのcafeで何度も悩んだり泣きそうになったり。(時には泣いたり?)
もちろんみなさんと出会えたからこそ、こうして続けることができて...

ブログを始めてから、もうかれこれ4年になりました。早いものですね。

この頃、心にグッと来てしまい泣きながら聴いてしまう歌があります。
今日はこの曲を知っている人にもそうでない人にもお届けしますね。
ownerからのささやかな贈り物、心に効くチキンスープの差し入れです♪
それではこっそりお試しあれ☆彡  



      いつか君に  出会うために  歩いて来た
      生きてゆく力は愛さ  信じてれば願いは叶う
      僕の前に 君の前に 未来への道が
      確かに続いているよ  まるで2人  運命に導かれて...

      僕が生まれてから  ここへ来るまでに
      どれだけ人と出会い  別れてきたのだろう

      時には 雨が降り  濡れたこともある
      誰かに傘借りて  そのままかもしれない

      人は大事なものを  どこかに忘れてく
      カレンダーめくる度  一人に気づいた

      いつか君に  出会うために  歩いて来た
      生きてゆく力は愛さ  信じてれば願いは叶う
      僕の前に 君の前に 未来への道が
      確かに続いているよ  まるで2人  運命に導かれて...

      いくつか恋をして  傷つき 傷つけ
      痛みに慣れないこと  何度も知らされた

      まわりのやさしさが  木洩れ日のように
      心の隙間から  孤独を照らしていた

      人の幸せとは  かたちが見えないもの
      それぞれの笑顔が  違うみたいに...

      いつか君の  肩を抱いて  話ししよう
      夕陽が眩しいベンチで  どうでもいい昔の出来事
      僕は君に  君は僕に  巡り会う前の  景色を教え合おう
      どんな過去も  振り向けば  ここへの道

      いつか君に  出会うために  歩いて来た
      生きてゆく力は愛さ 信じていれば願いは叶う
      いつか君の  肩を抱いて話ししよう
      夕陽が眩しいベンチで  どうでもいい昔の出来事

      いつか きっと  いつか きっと
      僕たちの前で  奇跡が起きることを...
      信じて来たこの場所で  出会うために... 




     みなさんの願いも叶いますように★彡   
       人気ブログランキングへもよろしくお願いします♪ 


★ photo : 新丸の内ビル

  
世の中冷え冷えしていても            

ここからもポチッと応援できます♪
                       

人気ブログランキングへ行きます♪
ホッとする隠れ家があれば大丈夫♪♪063.gif ↑



『 い つ か 』

                song by Lee Byung-Hun     YOUTUBE 05:46
 
           
[PR]
# by madame_oco | 2008-11-13 01:31

CHANGE・・・変心、変身、変信?
d0085752_2027034.jpg
       写真はただいま禁煙中の第44代目の白人大統領ともいえるオバマ氏

このcafeからの記事UPは久々になりますね。ご無沙汰しておりました☆彡
北海道で初雪が降りましたね。ハロウィン前日、ロンドンでは珍しく雪が降ったとか。
たしかにロンドン(北緯51度)やパリ(北緯49度)は樺太と同じ程の位置と考えると、
降ってもおかしくないんじゃないかと思っちゃいますよね。(これにはいろいろと訳が)
それにしてもこの時期に降ることはめったにないとのこと。心変わりでもあったのかしら?
実は温暖化ではなく氷河期のはじまりだったりして....? 

そうそう、お話をすすめましょう♪ 今回もまた米国のシステムを知ることができました。
新聞の片隅にあったこんな(小さな)記事を置いてみましょうね^^

オバマ氏は黒人か?混血か?


   米メディアでは同氏の「人種」の定義を巡る議論が繰り広げられている。
   父が黒人、母が白人のオバマ氏は「米国初の黒人大統領であるとともに、
   44番目の白人大統領とも言える」(CNN)との見方もある。

   オバマ氏が一般的に「黒人」とされるのは、本人がそう主張しているため。
   米国では国勢調査の際に「人種」の選択を迫られる。
   2000年の調査から「混血(マルチレイシャル)」という選択肢が登場、
   複数回答も可能になったが、それまでは一つの分類を選ばなければ
   ならなかった。

   自伝「マイ・ドリーム」によると、少年時代のオバマ氏は雑誌「ライフ」で、
   皮膚の色を白くしようと化学療法を受けて不自然に青白くなった黒人の
   写真を見て衝撃を受けた。それ以来、人種問題を意識したと説明している。
    
   米国では長らく「ワン・ドリップ・ルール(一滴主義)」という考え方があり、
   少しでも黒人の血が入っていれば黒人と見なされた。最高裁は1967年に
   一滴主義を違憲と判断したが、その後も社会通念上、色の黒い人はたとえ
   混血であっても「白人」を選択しづらい状況にあった。
                       - 日本経済新聞 2008/11/06 国際2より -

   日本人の場合や他の国ではどうなんでしょう?


   バラク・オバマ次期大統領(47)が誕生した1961年は、過半数の州で、
   異人種間の結婚が重罪になる時代だった。

   6歳で母の再婚相手の出身地インドネシアに移住。インターナショナルスクールに
   通う経済的余裕がなく、自宅で早朝から通信教育の教材で学んだ。
   10歳でハワイに戻り、黒人差別に直面する。「クーン(黒人)」。学校ではじめて
   差別用語で呼ばれた日は、相手の顔を血が出るまで殴った。黒人としての居場所
   を探し続けコロンビア大学に進学。人種問題で悩み、コカインを使用したと後に告白
   している。若かりしころには小説家を夢見た。
                       - 日本経済新聞 2008/11/06 国際4より -




d0085752_20194025.jpgd0085752_2017468.jpgd0085752_20203430.jpg









★Wikipediaによると・・・1961年8月4日 ハワイ州ホノルルに生まれる 
実父のバラク・オバマ・シニア(1982年没)はケニアのニャンゴマ・コゲロ (Nyang’oma Kogelo) 生まれのイスラム教徒(ムスリム)であり、母親はアメリカカンザス州出身の白人、アン・ダナム(1995年没)。2人はハワイ大学で知り合う。イスラム教の戒律では(少なくとも建前の上では)ムスリムの子はムスリムであらねばならないとされているが、本人は現在キリスト教徒(プロテスタント)である。これについてオバマは自伝で「父はムスリムだったが殆ど無宗教に近かった」と説明している。両親は1964年に離婚し、1965年に実父はケニアへ帰国。異父妹が1人。異母兄弟8人(うち4人死没)。なお、バラック・オバマ自身は1971年に実父と再会している。




今回は今までにない(たぶん他所でもない?)、面白いことを試みてみました。
ほとんどのブログは、記事UPした日付を変更することができる機能があります。
  (ですから、アリバイ等には使えません・・・笑)
この記事欄(枠)、実は11月1日にUPしておいたもの。非公開にしたまま、
選挙発表直前(日本時間の5日)にコメントを残してみることにしました。
  (今頃になって、ちょっと気恥ずかしくなってきました...^^;) 

今アメリカでは、歴史上初めてといえる「頭脳流失」の危機に直面しているといいます。
はたして今回の選挙でその流れを変えることができるでしょうか。気になるところです。
このことについては、またの機会にコーヒー片手にお話ししましょうね^^ ←コレが変信!?

    それでは今宵も...人気ブログランキングに参加して続きをお待ちくださいね♪ 

  
                       

ここからもポチッと応援できます♪
                       

人気ブログランキングへ行きます♪
そろそろ暖炉前でコーヒーを飲みたいですね^^063.gif 

[PR]
# by madame_oco | 2008-11-06 22:38


世界の片隅に小さな小さなcafeをオープン♪ 心も体も元気でいれるようにコーヒーを飲みながら...ひと息つきましょ.。.:*・゚☆
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ファン
ブログパーツ
ライフログ
以前の記事
カテゴリ
    
復興アクション 被災地のために日本のためにMadameからみなさんへのメッセージです♪ 
 ★約1年ぶりのUPです★
 お久しぶりでございました。
 小正月を迎えた今夜(16日)、
 背景をく桜に変えてみました。
 少しは気分転換なれば良い
 のですが...って、コレは
 自分のためでした(ココロニ汗)。
 こころがちょっと萎えちゃう時
 いつもより少し多めに睡眠を
 とると良いかもしれませんね。
 それではどなたさまも今宵は
 ぐっすりとおやすみください☆彡 

 今年もよろしくお願いいたします^^   
 17 January  2009 00:20


 
  ★おはようございまーす★
 久々にこちらへメッセージを^^
 ウフッ春らしくなってきましたネ♪
 でもそのかわりに毎年恒例の
 クシャミとの戦いも始まります。 
 色とりどりの綺麗な景色なのに、
 なみだ目になっちゃうので、楽し
 んでいる余裕もない感じで...
 でもそんな時には少しでも心に
 エネルギー補給Power Charge
 をしなくてはいけませんね。そこで
 このブログのテーマ曲を決定♪
 一昨年はQUEENの
 ★"I WAS BORN TO LOVE YOU"
 昨年はTommy Emmanuelの
 ★"SINCE WE MET"でした。
 そして今年は先日記事で紹介した
 ★"TAKE MY HAND"
 ・・・SIMPLE PLANのRock調で
 激しく(笑)いきたいと思います♪
 記事を読む前に、まずはカチッっと
 ONにして記事を読むとGooo♪
    
 それではみなさん、今日も心に
 しっかりパワー・チャージをネ♪
  11 March 2008 9:15
 思えば去年もだったのですが、
 たぶん風邪ではなく喉の乾燥で
 2・3日前から咳込みがひどくなり
 お腹の筋肉がちょっと痛みます。
 普段から腹筋を使っていないのが
 バレバレですね^^;去年も病院
 へ行かずに治るのを待ちました。
 大変と言えばちょっと大変ですが、
 たまには自然治癒力を使ってあげ
 ないと、なんだか体に申し訳ない
 ような感じがする今日この頃(笑) 
 週末明けには治ると思います♪

 それではどなた様も素敵な週末を
 お過ごしくださいませね♪♪♪
  2 February 2008 00:03

  大寒を迎えてから益々寒さが
 厳しくなってますね。風邪など
 ひかれていませんでしょうか?
 コメントをいただいたままで、
 ◆お返事がまだのみなさんへ◆
 もうちょっと待っててくださいね。
 ゆっくりお話ししたいものですか
 ら、お時間ください♪ ・ ・ ・ ・
 この頃、大好きだった伯父さん
 のお見舞いに行ってきたその夜、
 他界しました。明日がお別れの
 日なものですから...ちょっと
 落ち着きましたらきっとです^^
 
 それと、今宵あたり別ブログで
 7万アクセスになるようです♪
 さて7万を踏むのはいったい?
 キャー!!あと一人ですぅぅ!
 25 January  2008 23:58

 と、見に行っったのは良かった
 のですが、日付が変わり自分
 で踏んでしまいました..トホッ
 ぃゃ~ん、なんてことでしょ^^;
 ということで、今夜は静かに退
 散致します。おやすみなさぃ       
 26 January  2008 00:10


 小寒を迎えてから寒さ続きの
 毎日ですが、いかがお過ごしで
 しょうか?この時期、触れるもの
 がヒンヤリしていると、何故か心
 まで寒くなってしまいますよね。
 それでなのか、この時期になると
 冬眠状態になってしまうのです。
 ゴメンナサイ^^;。だから、せめて
 温かいコーヒーでもお出しできた
 ら良いのですがね...。スミマセン
 まずは心温めるチキンスプを探
 しに行ってきまーす。それでは、

 今年もよろしくお願いいたします^^     
 18 January  2008 14:10


        いつも支えてくださり、ありがとうございます^
   いかがお過ごしでしょうか。。。
 明日からパリイに飛びます♪

 というのはウソです。お江戸で
 お仕事&お遊びです・・・(笑)
 お泊りは先日(記事)と同じ所。
 本当は丸の内あたりにお泊り
 したかったのですが混み混み
 とのこと。残念です。せめて
 ランチは食べてみたかったわ。 
  
 明朝早いので・・・お先に失礼ぃ♪ 
 14 November 2007 23:58


        いつも支えてくださり、ありがとうございます^

with Coffee営業中♪RSSへ

 ご来店、ありがとうございます^^
 いつも陰ながら支えて下さってる
 Madameの大切な皆さんへ・・・
 夢見る事を忘れないでくださいネ。
 一人の夢が、多くの人の人生を変
 えた事を思い出してみてください。
 夢の持つ力を信じてみましょー♪

   では、素敵な週末を^^ 

   21 July 2007 00:30

      過去のメッセージ置き場はコチラから♪
  過去のMay Message置き場  
     
    ワイングラスをクリック♪
        ゲストブックへご案内いたします♪

□ Web 日本語入力
 ・ Ajax IME

   *サイト内関連記事

□ パリの新聞
 ・OVNI (Ja&Fr)

□ お気に入りWebRadio
 ・Cherie FM(Fr)
 ・NOSTALGIR
  ROCK LEGEND (Fr)

病院脇のカフェオーナーが
いつもお世話になってる所
医療従事者さんのリンク
          ブログ病院へご案内いたします♪あっ、紹介状もお忘れなく^^
ブログ病院再開推進中♪
 e-Byung-Hunへはコチラからも行けます。でも胸は触らないでくださいネ(笑)では、お気をつけて良い旅を♪
My Blog :e-Byung-Hun

メールはこの後にco.jpをお付けくださいネ^^
  Madame 専用Backyard♪

   
    My Security Tag SAMURAI Ninja

      


 Power Chargeは↓コチラから♪
      1click Music

  
検索
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧