『医者になろうとしている君たちへ』
   この本は医学部受験生、医学部生、子供を医者にしたい親必見となっていますが
   私のように普通の社会人(?)、ビジネスマンでも役立つことが書いてあるように
   思いましたので、ココに書き残し置くことにしますネ♪

   私がそうだったように、この本から少しでも医療に従事している方たちを
   知ることがきたら、 お互いコミュニケーションが取りやすくなるかもしれませんね^^
   そんなことを願いながら、参考までに今回ちょっとUPをさせていただきました♪


            
                ↑Amazonで中身が見れます  
        医者になろうとしている君たちへ - Becoming a doctor -

  

                  全  目  次

   第一部  これが医者の世界の現実だ

      第1章 新しく始まった研修制度 将来を見据えて研修先を選べ
          ・6年間の医学部を卒業した後、2年間の研修先は自由に選べる
          ・なぜ研修医は大学病院を研修先に選らばいのか
          ・医師は、まず腕を磨くこと。そして患者サービスの能力を鍛えること
          ・医学の進歩、社会の変化を視野に入れ、将来性のある分野を選べ
          ・医学部で学ぶ以上のことを勉強しないと、医者として生き残れない
          ・受験勉強は医学部に入って役立つ。しっかり勉強しよう

      第2章 臨床軽視、研究重視の体質が日本の医療をダメにする
          ・アメリカのメディカル・スクールの入学資格は大学の卒業生
          ・メディカル・スクールは専門職業養成校
          ・日本の医局は「研究者になるためのトレーニング」の場
          ・最新医術で"成功者"をめざすアメリカの医者
          ・「医療」を「研究」の下に見る日本の医学界
          ・研究重視の日本だが、医学レベルが低い三つの理由
          ・「臨床軽視」が研究レベルを下げている
 下の続きも見るんじゃよ
  ポチっと押したらランキングへ行くけど、素材はAtnet Japan!じゃよ                               気になった方はこのバナーをポチッとお願いいたしますm(_ _)m                 
    by 博 士




     第3章  医者だからこそ 「患者体験」が必要である    
          ・コメディカル養成大学の教授になった私
          ・自らの不妊治療の患者経験を、病院経営に生かして成功した高木氏
          ・医療も基本的にはサービス業である
          ・精神分析医の資格を取るには、精神分析を受ける義務があるアメリカ
          ・精神分析を受けてから、患者さんの話を聞けるようになった
          ・商売の神様・鈴木敏文氏も認める「客の立場に立って物を売る」難しさ
          ・いい医者の第一歩は患者さんの話を聞くこと

     第4章  医療ミスのない医療はない 失敗から学んで医者は成長する
          ・医者というのは多かれ少なかれミスを犯してしまう
          ・私の医者人生での最悪な失敗
          ・名医とは、過去の失敗を忘れず、同じ失敗を二度と繰り返さない人
          ・失敗を恐れるより、ミスから学び、減らす努力が大切
          ・訴訟社会時代にどう対処したらよいのか
          ・薬や手術の危険性をきちんと説明しておこう
          ・情報開示時代を生き残るために、医者になってからも勉強せよ

     第5章 医学研究者の将来は有望  ただし収入は臨床のほうがよい
          ・大学の医局に入ると、臨床と研究を併委する
          ・「医学研究者」と認められるかどうかは実績次第
          ・臨床研修の必修化で、"入り口"で選択を迫られる時代になった
          ・研究医は助手以上にならないと給料がでない
          ・医学研究者は他の学部と比べて就職が有利
          ・BTや医学研究はもっと将来性がある分野
          ・臨床医を経てから研究医になるのもいい。実用的な研究ができる

   第二部  受験勉強が「医者に向く性格」をつくる

     第6章 俗っぽくてもいい 受験勉強を耐え抜く強い動機を持て
          ・勉強のできる子は東大より医学部をめざす
          ・医学部に入ると得られる3つのメリット
          ・私の"不純な動機"について話そう
          ・「映画監督になりたい」から医学部進学を決めた私
          ・入学前の動機は何でもいい。医学を学んでいるうちに目標ができる
          ・「動機」よりも「結果」が重要。腕が悪けりヤブ医者だ
          ・「金持ちになりたい」「異性にモテたい」でもいい

     第7章 受験勉強の頑張りが 医者としての資質を伸ばす
          ・「受験秀才」には人の気持ちがわからないという誤解
          ・医者は知識が必要な職業。「知識より人間性」という考え方は危険
          ・受験勉強に励めば医者としての資質も高まる
          ・受験数学は「知識と推論」の能力を高める
          ・英語力を磨け。英語論文が書けない医者は評価されない
          ・日本の医療水準を支えてきた「受験秀才」たち
          ・受験勉強の厳しさが、まじめで手を抜けない医者を育てる

     第8章 大学ブランドが通用しない時代 まずは入れる大学に合格せよ
          ・出身大学以外の医局を選ぶことは可能。まずは入れる大学に入れ
          ・臨床研修の必修化で、出身大学より研修先が重視される
          ・トレーニングの場としての海外留学。
            アメリカのプログラムはしっかりしている
          ・アメリカのレジテントの資格は日本でも取れる。
            医学部在学中に取っておけ
          ・「研究目的」の海外留学では腕を磨けない
          ・医局選びは焦るな。研究中に決めればいい
          ・いまベストを尽くして受験勉強に励め

     第9章 大学の医学部には 偏差値以外の序列がある
          ・難関大学の医学部に入るメリットを教えよう
          ・古い大学ほど「医学の世界」での序列が高い
          ・旧医科大学が新設医学部を傘下に収める構図
          ・大学病院に就職したいなら、偏差値より歴史で選べ
          ・日本一古い歴史を誇る大阪大学医学部
          ・日本最強の医学部は東大から東北大学へ
          ・教授や名門病院への就職以外は、伝統ブランドが関係ない時代に
          ・出身大学より、医者になってからのトレーニングが重要

     第10章 映画づくりとアルバイト
          ・学校の授業に出ず、映画資金づくりに励む
          ・自主映画をつくり、いずれはメジャーの監督に
          ・映画を撮るなら東京。東大理Ⅲを第一志望に
          ・映画制作にアルバイトで稼いだ金を注ぎ込む
          ・五月祭の企画がヒットし、マスコミの知り合いが増えた
          ・学生生活は謳歌したが、国家試験対策では苦労
          ・大学にあまり行かなかったので、進路選択の情報が入らない
          ・大学時代も社会との接点を持つことが"医者バカ"の予防策

   第三部   変わる世の中、変わる医学界

     第11章 高度情報化時代に医者の権威は通用しない 
             医者になってからも勉強せよ
          ・ガンの名医、平岩正樹先生のアドバイス
          ・薬の処方にもインフォームド・コンセントが必要
          ・抗ガン剤治療の専門医の技術が評価されない保険制度
          ・患者さんが精緻(せいち)な治療データを入手できる時代
          ・情報の更新に追いつけない医者は、患者さんに見放される
          ・IT化が「患者と医者の関係」を変える
          ・高度情報化に権威は通じない。勉強して自らの能力をアップせよ

     第12章 混合診療解禁の時代 患者さんのニーズを知ろう
          ・私費治療を受けると、すべてが私費となる健康保険
          ・患者さんに多額の負担を強いる私費治療
          ・私費治療でも保険の使える混合診が一部解禁に
          ・規制緩和と市場原理は世の流れ。
            「お客さま」としての患者のニーズを知ろう
          ・市場原理の導入で、名医の収入が増える
          ・これから需要が伸びる科に行けば、収入も時間も名誉も手に入る

    第13章 統合医療の大きなうねりが来る いろいろな治療法を学んでおけ
          ・いま医学界では統合医療がブームに
          ・漢方、鍼灸などを西洋医学と組み合わせた患者さん中心の医療
          ・本当に効くものと効かないもののチェックをきちんとする
          ・長期使用の有効データが必要なEBM時代が到来
          ・患者の体質に合った薬を選ぶゲノム医学
          ・医者は「治してナンボ」の世界。いろいろな治療を学んでおけ

    第14章 勤務医、大病院の時代から開業医への時代へ
          ・「お医者さん」といえば開業医だった時代
          ・勤務医が当たり前の時代。医者がサラリーマン化している
          ・開業医の息子でなくても開業が可能な時代に
          ・開業医にはだかるこれだけのリスク
          ・日本中から患者さんが集まる名医になるか、
            幅広く診られる医者になるか
          ・人口の高齢化で「開業医の時代」が再びやってくる

   第15章 地方にこそ 名医になれる素地がある
          ・地方で医者をやれば名士になれる
          ・夢をかなえたいのなら地方の方が有利だ
          ・自己愛が満たされると、心が健全に成長し、良い性格になる
          ・患者さんからの尊敬が「いい医者」をつくる
          ・地方にいても「時代に遅れる」ことはない
          ・超高齢化社会で求められる総合診療は、地方のほうが腕を磨ける

          ふぅ~、全部打ち込んで一応校正もしてみたのですが、誤字脱字が
          あるかもしれませんので、もし見つけたらお知らせくださいませネ♪ 
                          (金一封があるかも・・・←USO desu♪)


私じゃなくバナーをクリックしてくださいネ♪ 医療系用バナーに♪お持ち帰りOKデス^^                                                            気になった方はこのバナーをポチッとお願いいたしますm(_ _)m                         1/30から人気ブログランキングに                                   参加してみましたが・・・さて今は                                        どの辺なのでしょう?覗いてみてください^^
←今日はこんな感じで登場してみました(笑)

[PR]
by madame_oco | 2007-02-02 21:28 | ◇ ちょっと医療な本
<< 私の彼は20歳のムッシュ♪ -幸運に出会う能力- Sere... >>


世界の片隅に小さな小さなcafeをオープン♪ 心も体も元気でいれるようにコーヒーを飲みながら...ひと息つきましょ.。.:*・゚☆
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ファン
ブログパーツ
ライフログ
以前の記事
カテゴリ
    
復興アクション 被災地のために日本のためにMadameからみなさんへのメッセージです♪ 
 ★約1年ぶりのUPです★
 お久しぶりでございました。
 小正月を迎えた今夜(16日)、
 背景をく桜に変えてみました。
 少しは気分転換なれば良い
 のですが...って、コレは
 自分のためでした(ココロニ汗)。
 こころがちょっと萎えちゃう時
 いつもより少し多めに睡眠を
 とると良いかもしれませんね。
 それではどなたさまも今宵は
 ぐっすりとおやすみください☆彡 

 今年もよろしくお願いいたします^^   
 17 January  2009 00:20


 
  ★おはようございまーす★
 久々にこちらへメッセージを^^
 ウフッ春らしくなってきましたネ♪
 でもそのかわりに毎年恒例の
 クシャミとの戦いも始まります。 
 色とりどりの綺麗な景色なのに、
 なみだ目になっちゃうので、楽し
 んでいる余裕もない感じで...
 でもそんな時には少しでも心に
 エネルギー補給Power Charge
 をしなくてはいけませんね。そこで
 このブログのテーマ曲を決定♪
 一昨年はQUEENの
 ★"I WAS BORN TO LOVE YOU"
 昨年はTommy Emmanuelの
 ★"SINCE WE MET"でした。
 そして今年は先日記事で紹介した
 ★"TAKE MY HAND"
 ・・・SIMPLE PLANのRock調で
 激しく(笑)いきたいと思います♪
 記事を読む前に、まずはカチッっと
 ONにして記事を読むとGooo♪
    
 それではみなさん、今日も心に
 しっかりパワー・チャージをネ♪
  11 March 2008 9:15
 思えば去年もだったのですが、
 たぶん風邪ではなく喉の乾燥で
 2・3日前から咳込みがひどくなり
 お腹の筋肉がちょっと痛みます。
 普段から腹筋を使っていないのが
 バレバレですね^^;去年も病院
 へ行かずに治るのを待ちました。
 大変と言えばちょっと大変ですが、
 たまには自然治癒力を使ってあげ
 ないと、なんだか体に申し訳ない
 ような感じがする今日この頃(笑) 
 週末明けには治ると思います♪

 それではどなた様も素敵な週末を
 お過ごしくださいませね♪♪♪
  2 February 2008 00:03

  大寒を迎えてから益々寒さが
 厳しくなってますね。風邪など
 ひかれていませんでしょうか?
 コメントをいただいたままで、
 ◆お返事がまだのみなさんへ◆
 もうちょっと待っててくださいね。
 ゆっくりお話ししたいものですか
 ら、お時間ください♪ ・ ・ ・ ・
 この頃、大好きだった伯父さん
 のお見舞いに行ってきたその夜、
 他界しました。明日がお別れの
 日なものですから...ちょっと
 落ち着きましたらきっとです^^
 
 それと、今宵あたり別ブログで
 7万アクセスになるようです♪
 さて7万を踏むのはいったい?
 キャー!!あと一人ですぅぅ!
 25 January  2008 23:58

 と、見に行っったのは良かった
 のですが、日付が変わり自分
 で踏んでしまいました..トホッ
 ぃゃ~ん、なんてことでしょ^^;
 ということで、今夜は静かに退
 散致します。おやすみなさぃ       
 26 January  2008 00:10


 小寒を迎えてから寒さ続きの
 毎日ですが、いかがお過ごしで
 しょうか?この時期、触れるもの
 がヒンヤリしていると、何故か心
 まで寒くなってしまいますよね。
 それでなのか、この時期になると
 冬眠状態になってしまうのです。
 ゴメンナサイ^^;。だから、せめて
 温かいコーヒーでもお出しできた
 ら良いのですがね...。スミマセン
 まずは心温めるチキンスプを探
 しに行ってきまーす。それでは、

 今年もよろしくお願いいたします^^     
 18 January  2008 14:10


        いつも支えてくださり、ありがとうございます^
   いかがお過ごしでしょうか。。。
 明日からパリイに飛びます♪

 というのはウソです。お江戸で
 お仕事&お遊びです・・・(笑)
 お泊りは先日(記事)と同じ所。
 本当は丸の内あたりにお泊り
 したかったのですが混み混み
 とのこと。残念です。せめて
 ランチは食べてみたかったわ。 
  
 明朝早いので・・・お先に失礼ぃ♪ 
 14 November 2007 23:58


        いつも支えてくださり、ありがとうございます^

with Coffee営業中♪RSSへ

 ご来店、ありがとうございます^^
 いつも陰ながら支えて下さってる
 Madameの大切な皆さんへ・・・
 夢見る事を忘れないでくださいネ。
 一人の夢が、多くの人の人生を変
 えた事を思い出してみてください。
 夢の持つ力を信じてみましょー♪

   では、素敵な週末を^^ 

   21 July 2007 00:30

      過去のメッセージ置き場はコチラから♪
  過去のMay Message置き場  
     
    ワイングラスをクリック♪
        ゲストブックへご案内いたします♪

□ Web 日本語入力
 ・ Ajax IME

   *サイト内関連記事

□ パリの新聞
 ・OVNI (Ja&Fr)

□ お気に入りWebRadio
 ・Cherie FM(Fr)
 ・NOSTALGIR
  ROCK LEGEND (Fr)

病院脇のカフェオーナーが
いつもお世話になってる所
医療従事者さんのリンク
          ブログ病院へご案内いたします♪あっ、紹介状もお忘れなく^^
ブログ病院再開推進中♪
 e-Byung-Hunへはコチラからも行けます。でも胸は触らないでくださいネ(笑)では、お気をつけて良い旅を♪
My Blog :e-Byung-Hun

メールはこの後にco.jpをお付けくださいネ^^
  Madame 専用Backyard♪

   
    My Security Tag SAMURAI Ninja

      


 Power Chargeは↓コチラから♪
      1click Music

  
検索
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧